kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Windowsの次期大型アップデートで何が変わるのか?

今月「Windows 10」の次期大型アップデート(バージョン1803)のリリースが予定されています。
そのアップデートで盛り込まれる「WSL」及びコンソールの変更点が紹介されています。



「Insider Preview」利用者は、すでにこれらの変更が盛り込まれた「Windows 10」を利用しています。
また今回紹介する変更点は、前回の大型アップデートからの差分になります。

新たなLinuxディストリビューションが利用可能に

「WSL」上で動作する新たなLinuxディストリビューションが利用可能になります。

Kali Linux

Kali Linux」が利用可能になりました。
Kali Linux」は、ペネトレーションテストやセキュリティーの監査に焦点をあてたLinuxディストリビューションです。
詳細は以下を参照してください。


Debian GNU/Linux 

Debian GNU/Linux」が利用可能になりました。
「Debian」は「Ubuntu」のアップストリームであり、非常に有名な、そして歴史あるLinuxディストリビューションです。
詳細は以下を参照してください。


その他のLinuxディストリビューション

参考までに以下のLinuxディストリビューションは、以前のバージョンから利用可能になっています。


Linuxディストリビューションの設定機能

Linuxディストリビューション起動時、「/etc/wsl.conf」を利用してLinuxディストリビューションの設定を制御できるようになりました。
詳細は以下を参照してください。


コンソールウィンドウがなくてもLinuxのバックグラウンドタスクが動作可能に 

コンソールウィンドウがなくてもLinuxのバックグラウンドタスクが動作可能になりました。
詳細は以下を参照してください。


相互運用性の改善

「Linux/WSL」及び「Windows」間の相互運用性が改善されました。

wslpathコマンドの追加

「WSL」のパスと「Windows」のパスを相互に変換する「wslpath」コマンドが追加されました。

wslpath usage:
    -a    force result to absolute path format
    -u    translate from a Windows path to a WSL path (default)
    -w    translate from a WSL path to a Windows path
    -m    translate from a WSL path to a Windows path, with ‘/’ instead of ‘\\’

    EX: wslpath ‘c:\users’

Windowsの環境変数とLinuxの環境変数を相互に引き継ぎ可能に

Windowsの環境変数とLinuxの環境変数を相互に引き継げるようになりました。
詳細は以下を参照してください。


DrvFSでスペシャルファイルを作成可能に

「DrvFS」でスペシャルファイルの作成がサポートされました。
詳細は以下を参照してください。


DrvFSでLinuxのパーミッションを設定可能に

「DrvFS」でLinuxのパーミッションを設定できるようになりました。
またこれに伴うマウントオプションがサポートされました。 
詳細は以下を参照してください。


DrvFSでファイル名の大文字/小文字区別の有無を識別するフラグを設定可能に

「DrvFS」でファイル名の大文字/小文字区別の有無を識別するフラグが設定可能になりました。
詳細は以下を参照してください。


UNIXソケットのサポート

「Windows」でUNIXソケットがサポートされました。
また「Windows」と「Linux/WSL」間でUNIXソケットを利用したプロセス間通信が可能になりました。
詳細は以下を参照してください。


Visual Studio Code

「Visual Studio Code」では、「Windows」上で動作する「Visual Studio Code」から、「Linix」上で動作する「NodeJS」をデバッグできるようになりました。
セットアップ方法は、以下を参照してください。


新しいツール

「Windows 10」に新しいツールが導入されました。

OpenSSH

「OpenSSH」が利用可能になりました。
詳細は以下を参照してください。


curlとtar

「curl」と「tar」が利用可能になりました。 
詳細は以下を参照してください。


Tips

以下は当サイトで紹介したTipsです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション