kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

デフォルトのミュージックプレーヤーをLollypopに変更する提案

デフォルトのミュージックプレーヤーを「Rhythmbox」から「Lollypop」に変更する提案が出されています。



「Lollypop」は「GNOME」向けにデザインされたミュージックプレーヤーです。



「Ubuntu」だけでなく他のディストリビューションでも利用可能です。

Lollypopが提供する機能

「Lollypop」が提供する機能の一部を紹介します。

  • アーティストやトラック情報、歌詞をウェブから取得して表示する
  • ジャンルやアーティスト、アルバムによる分類など、直感的な音楽コレクションのブラウジング
  • mp3、mp4、ogg、flacといった多くのオーディオフォーマットの再生をサポート
  • Last.fmやiTunes、Spotifyからアートワークを自動ダウンロード
  • AndroidデバイスなどMTPデバイスと音楽を同期する
  • フルスクリーン表示
  • 再生する音楽を自動的に選択するパーティーモード
  • ReplayGainのサポート
  • アーティスト、アルバム、タイトルで音楽を検索

提案理由

「Lollypop」の提案理由に、以下を挙げています。

  • 品質が安定しており、今までに一度もクラッシュしたことがない
  • GNOME Shellの検索機能と統合されている
  • モダンなGTK3で作られている
  • UIのデザインが素晴らしい
  • 動作が軽快で反応性が良い

また「Rhythmbox」は頻繁にクラッシュする点も理由に挙げられています。

Ubuntu 18.04では厳しいか

現状「Lollypop」は「Ubuntu」及び「Debian」のリポジトリーに配置されていません。
また以前行われた「Ubuntu 18.04デフォルトアプリアンケート」の結果、「Rhythmbox」が「Lollypop」を上回る得票数を得ています。

加えて「Rhythmbox」を好むコメントも多く、少なくとも「Ubuntu 18.04」でミュージックプレーヤーの切り替えは難しそうです。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション