kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Insyde Software製のBIOS/UEFI採用モデルで要注意

先日一部のPCで「Ubuntu 17.10」をインストールすると、BIOS/UEFIが機能しなくなる問題を紹介しました。



「Ubuntu 17.10」側の対応策として、intel-spi-*ドライバーを無効にした「Linux kernel」のリリースが行われました。
この問題はこれで完結ではなく、話はまだ続いています。

さてこの問題が発生したユーザーの報告から、Insyde Software製のBIOS/UEFI採用モデルでこの問題が発生する可能性が高いとのことで、同社製のBIOS/UEFIを搭載したPCでは注意が必要です。
これはあくまでユーザーの報告から導いた影響範囲であり、それ以外のモデルで絶対にこの問題が発生しないという意味ではありません。

元々この不具合はLenovo PCで発生するとの報告から始まりましたが、以下のようにLenovo以外のPCでも問題の発生が確認されています。

  • Acer Aspire E5-771G
  • Acer Aspire ES1-111M-C1LE
  • Acer TravelMate B113
  • Toshiba Satellite S55T-B5233
  • Toshiba Satellite L50-B-1R7
  • Toshiba Satellite S50-B-13G

Canonicalのエンジニアが根本的な原因を調査中

以下のコメントによると、Canonicalのエンジニアが根本的な原因を調査しているとのことです。


アップストリームでは修正済み

コメントによると、「Linux Kernel」で相当する不具合が修正されているとのことです。


「Ubuntu 17.10」の「Linux kernel」のバージョンは「4.13」なので、それ以降のバージョンで修正が行われていますね。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション