kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

一部のPCでUbuntu 17.10をインストールすると、BIOS/UEFIが機能しなくなる問題

以前、一部のPCで「Ubuntu 17.10」をインストールすると、BIOS/UEFIが機能しなくなる問題を紹介しました。



上記の話題の続きです。


当時は原因が「Ubuntu」側にあるのか、それともPCのUEFIの実装側にあるのか、原因が明らかになっていませんでした。

その後話が進み、intel-spi-*ドライバーを無効にした「Linux kernel」のリリースにより、この問題に対応することとなりました。
「Linux kernel」に含まれるintel-spi-*ドライバーが有効になっていると、この問題が起きるとのことです。

現象が確認されているモデル

現在以下のモデルで本現象が報告されています。

  • Lenovo B40-70
  • Lenovo B50-70
  • Lenovo B50-80
  • Lenovo Flex-10
  • Lenovo G40-30
  • Lenovo G50-70
  • Lenovo G50-80
  • Lenovo S20-30
  • Lenovo U31-70
  • Lenovo Y50-70
  • Lenovo Y70-70
  • Lenovo Yoga Thinkpad (20C0)
  • Lenovo Yoga 2 11" - 20332
  • Lenovo Z50-70
  • Lenovo Z51-70
  • Lenovo ideapad 100-15IBY
  • Acer Aspire E5-771G
  • Toshiba L50B-23G
  • Acer TravelMate B113 
  • Toshiba Satellite S55T-B5233
  • Acer ES1-512

あくまでユーザーからの報告に基づく一覧であるため、上記にないモデルで本現象が起きないとは限りません。

対応方針

intel-spi-*ドライバーを無効にした「Linux kernel」がリリースされました。


アップデートされた「Linux kernel」を利用することでこの問題を回避できますが、すでにこの問題が発生している場合、修理に出す必要があるでしょう。

ディスクイメージに注意

ディスクイメージには修正前の「Linux kernel」が含まれているため、本問題に対応したとのアナウンスが出されるまで、該当するPCで「Ubuntu 17.10」のディスクイメージ(ライブUSBメモリー/ライブDVD)から「Ubuntu 17.10」を起動しないでください。

この問題に影響を受けていないか確認するには

この問題に影響を受けていないか確認するには、「Ubuntu 16.04」のライブUSBメモリーを作成し、ライブUSBメモリーから「Ubuntu 16.04」が起動できるか確認します。
「Ubuntu 16.04」が起動できれば、この問題に影響を受けていません。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション