kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 17.10の新機能と変更点

2017年10月19日に「Ubuntu 17.10」がリリースされました。
リリースノートから「Ubuntu Desktop」に関する「Ubuntu 17.10」の新機能と変更点を紹介します。


リリースノート

「Ubuntu 17.10」のリリースノートは以下を参照してください。


近い将来、日本語版のリリースノートも提供される予定です。
またディスクイメージのダウンロードなどリリース情報は、以下を参照してください。


1.サポート期間は9ヶ月

「Ubuntu 17.10」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2018年7月までサポートが提供されます。

さて今まで紹介してきた通り「Ubuntu 17.10」では、デスクトップユーザーに直接影響する数多くの変更が行われています。

その中で特に「GNOME(デスクトップ環境)」の採用と「Wayland(ディスプレイサーバー)」の採用は、使い勝手に大きく影響する変更です。
今までの使い方やトラブルシューティングが通用しないケースもあるでしょう。
例えば一部のスクリーンキャプチャーソフトや一部のドック(ランチャー)アプリケーションは、「Wayland」上で正常に動作しません。

アップグレードは慎重に

現在「Ubuntu」を利用しているユーザーは、即座に「Ubuntu 17.10」へアップグレードするのではなく、しばらく様子見するのも良いです。
「Ubuntu 17.04」は2017年1月までサポートされるので、移行期間は十分にあります。

Ubuntu 16.04もおすすめ

初めて「Ubuntu」を利用するユーザーは、長期サポート版である「Ubuntu 16.04」の利用を検討したほうが良いでしょう。
余計なトラブルを回避できますし、情報も多く見つかります。
また長期サポート版は安定性に優れています。

現在最新版の「Ubuntu 16.04.3」については、以下を参照してください。


Ubuntu 18.04へのアップグレードも可能

「Ubuntu 16.04」は来年、「Ubuntu 18.04」へ直接アップグレードできるようになる予定です。
「Ubuntu 18.04」は「Ubuntu 16.04」同様、長期サポート版となります。

2.Linux Kernel 4.13採用 

「Linux Kernel 4.13」を採用しています。


「Ubuntu 17.04」では「Linux Kernel 4.10」を採用していたため、3回メジャーアップデートされています。
「Linux Kernel 4.10」から「Linux Kernel 4.13」までの変更点は、以下を参考にしてください。


3.ifupdownが非推奨に

「ifupdown」が非推奨になり、すべてのエディションで「netplan」に置き換わりました。


新規インストール時、「ifupdown」はデフォルトでインストールされなくなりました。
インストーラーは「Ubuntu」のインストール時、「netplan」の設定ファイルを「/etc/netplan」に生成します。

設定ファイルには、「systemd-networkd」もしくは「NetworkManager」をバックエンドに指定し、それらのバックエンドを通じてネットワークの設定を行うよう記述されています。
どちらをバックエンドに指定するのかは、エディションにより異なります。

「netplan」に関しては、以下を参照してください。


「netplan」に関するドキュメントは、以下も参照してください。


Ubuntu Desktop

「Ubuntu Desktop」では以前のバージョンからすでに「netplan」が採用されており、「Ubuntu Desktop」ユーザーにとって本件は変更点ではありません。
「Ubuntu Desktop」では、「NetworkManager」をバックエンドに指定します。

ネットワークの設定は、「設定」の「ネットワーク」 から行うと良いでしょう。


Ubuntu Server

しかし「Ubuntu Server」では「Ubuntu 17.10」から「netplan」が採用されます。「systemd-networkd」がバックエンドに指定され、「systemd-networkd」がネットワークデバイスを管理します。

いずれも新規インストール時のみ適用されます。

ifupdown由来のコマンドは利用できない

「ifupdown」がデフォルトでインストールされなくなるため、「ifupdown」由来の「ifup」や「ifdown」コマンドが利用できなくなります。
これらのコマンドは、「ip link set デバイスの識別子 up」や「ip link set デバイスの識別子 down」に置き換えてください。

以下も参考にしてください。


networkctlコマンドも利用可能

「networkctl」は、「systemd-networkd」から見えているネットワークの状態を表示するコマンドです。
「systemd-networkd」を利用している環境なら、このコマンドでネットワークデバイスの状態を調べることができます。


例えば以下のコマンドを実行すれば、すべてのネットワークインターフェースに関する情報が表示されます。

networkctl status


以下のコマンドを実行すれば、特定のネットワークインターフェースに関する詳細な情報が表示されます。

networkctl status デバイスの識別子


4.Ubuntu Desktop 32bit版のディスクイメージは提供されない

「Ubuntu Desktop 32bit版(x86)」のディスクイメージは提供されません。
ただしパッケージは従来通り提供されています。


以下を参考にしてください。


5.デスクトップ環境にGNOMEを採用

今までデスクトップ環境に「Unity」を採用していましたが、「Ubuntu Desktop 17.10」から「GNOME」に変更されました。


もう何度も話題に上がっている内容ですね。
詳細は以下を参照してください。


6.Waylandの採用

今までデフォルトのディスプレイサーバーに「Xorg」を採用していましたが、「Ubuntu Desktop 17.10」から「Wayland」に変更されました。
「Wayland」が利用できる環境でのみ、「Wayland」でログインできます。
「Wayland」に対応していない環境では、従来通り「Xorg」が使用されます。


また「Wayland」が利用できる環境では、ユーザーは「Wayland」と「Xorg」のどちらを利用するか選択することができます。
詳細は以下を参照してください。


また現在動作しているディスプレイサーバーが「Wayland」か「Xorg」か調べる方法は、以下を参照してください。


7.GDMの採用

今までディスプレイマネージャーに「LightDM」を採用していましたが、「Ubuntu Desktop 17.10」から「GDM」に変更されました。




8.ウィンドウコントロールボタンが右に移動

今までウィンドウコントロールボタンは左側に配置されていましたが、右側への配置に変更されました。


9.GNOME 3.26の採用

デスクトップ環境に「GNOME 3.26(.1)」を採用しています。


「GNOME 3.26」の変更点は、以下を参照してください。


また以下も参考にしてください。


10.ドライバーレス印刷のサポート改善

「Ubuntu 17.04」で導入されたドライバーレス印刷のサポートが改善されました。


「Ubuntu 17.10」では、以下の仕組みに対応したプリンターを、プリンター固有のドライバーなしに印刷できるようになりました。


プリンターの設定について

今までプリンターの設定は、「CUPS 設定ツール(system-config-printer)」から行っていましたが、「設定」からプリンターの設定を行えるようになりました。
「設定」を起動し左側の項目一覧から「デバイス」を選択すれば、以下のように「プリンター」の設定を行う画面を表示できます。


プリンターの検出手法やドライバーの選択手法は、「CUPS 設定ツール(system-config-printer)」と同じ手法であり、また可能な限り多くのドライバレス印刷可能なプリンターを検出するようになっています。

一部のオプションはCUPS設定ツールから行う

プリンターの共有など一部のオプションにはまだ対応していません。
そのような設定は従来通り「CUPS 設定ツール」から行ってください。


「CUPS 設定ツール」を起動するには、右下の「追加のプリンター設定」ボタンをクリックします。

11.Python 2がデフォルトのインストールから外された

「Python 2」がデフォルトのインストールから外され、デフォルトではインストールされなくなりました。


必要ならユーザーは後から「Python 2.7」をインストールできます。

12.Ubuntu GNOMEがなくなった

「Ubuntu GNOME」はデスクトップ環境に「GNOME」を採用した「Ubuntu」フレーバーです。
「Ubuntu」が「GNOME」を採用したことにより、「Ubuntu GNOME」は「Ubuntu」に統合されました。
今後「Ubuntu GNOME」のリリースはありません。

GNOMEセッションの利用を

「Ubuntu 17.10」では、「Ubuntu GNOME」ユーザーやアップストリームの「GNOME」を利用したいユーザー向けに、「GNOMEセッション」を提供しています。


詳細は以下を参考にしてください。


さらに多くのGNOMEコアアプリケーションをインストールするには

デフォルトでインストールされているGNOMEコアアプリケーションに加え、さらに多くのGNOMEコアアプリケーションをインストールするには、「vanilla-gnome-desktop」パッケージをインストールしてください。

sudo apt install vanilla-gnome-desktop

13.その他の変更点

その他の変更点です。

13-1.LibreOffice 5.4の採用

「LibreOffice 5.4.1.2」が採用されました。


 「LibreOffice 5.4」の変更点は、以下を参照してください。


13-2.Amazonアプリがデフォルトのブラウザーで起動するようになった

Amazonアプリ(Amazonへのショートカット)がデフォルトのブラウザーで起動するようになりました。

13-3.オンスクリーンキーボードにCaribouを採用

今までオンスクリーンキーボードに「Onboard」を採用していましたが、「Caribou」に変更されました。


13-4.カレンダーが繰り返しイベントに対応

「カレンダー(gnome-calendar)」が繰り返しイベントに対応しました。


13-5.Rhythmbox

「Rhythmbox」はデフォルトで「Alternative Toolbar」プラグインが有効になっており、スリムでモダンなデザインに変更されています。


13-6.シンプルスキャン

「シンプルスキャン」はデザインが一新され、コアアプリケーションの1つとなりました。


13-7.ログビューワー

ログビューワーが「ログ(gnome-logs)」に変更されました。
「ログ(gnome-logs)」は、「systemd journal」のログを表示するアプリです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション