kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Windows ServerでLinuxがインストール可能に

以前紹介したように、「Windows Server」で「WSL」がサポートされ「Linux」がインストールできるようになります。



「Windows Server 2016 Insider Preview build 16215」以降を利用しているユーザーは、一足先に「WSL」をインストールし、「Linux」を利用できるようになりました。


「WSL」を利用することで開発者は、「Windows Server」上で「Linux」を利用でき、お気に入りのLinuxのツールやアプリ、スクリプトを実行できます。
と同時に、Windowsのツール群も並行して利用できます。

ただし「WSL」及び「WSL」上で動作する「Linux」は、開発者がローカル環境で作業するために提供されるものであり、ホスティングサービスなどサーバーそのものの用途として提供されるものではありません。

1.Windows Server 2016 Insider Preview

「Windows Server 2016 Insider Preview」を利用するには、以下のいずれかの「Windows Insider Program」に参加している必要があります。


「Windows Server 2016 Insider Preview」のディスクイメージは、以下からダウンロードできます。


2.Windows Server 2016 Insider Previewのアクティベーションについて

「Windows Server 2016 Insider Preview」インストール時にプロダクトキーの入力が求められます。
以下のいずれかのプロダクトキーを入力し、アクティベーションを行います。

種類 プロダクトキー
Server Datacenter Core B69WH-PRNHK-BXVK3-P9XF7-XD84W
Server Standard Core V6N4W-86M3X-J77X3-JF6XW-D9PRV

3.ビルド番号を調べるには

OSのビルド番号を調べるには、「PowerShell」を起動し、以下のコマンドを実行します。

systeminfo | Select-String "^OS Name","^OS Version"


PowerShellを起動するには

「PowerShell」を起動するには、以下のコマンドを実行してください。

powershell


1.WSLをインストールする

「Ubuntu(Linux)」をインストールする前に、まず「WSL」をインストールする必要があります。

1-1.WSLのインストール

「PowerShell」を起動し、以下のコマンドを実行します。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux


インストールが完了すると上記のように再起動を促されるので、「エンター」キーを押してPCを再起動します。

補足

現在「WSL」がインストールされているかどうか調べるには、「PowerShell」で以下のコマンドを実行します。

Get-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux


2.Ubuntuをインストールする

次に「Ubuntu」をインストールします。
「Windows Server」では、直接以下のアーカイブをダウンロードして展開します。


ここでは「Ubuntu」をインストールするので、「Ubuntu」のアーカイブをダウンロードします。

2-1.Ubuntuのダウンロード

「PowerShell」で以下のコマンドを実行し、「Ubuntu」のアーカイブをダウンロードします。

Invoke-WebRequest -Uri https://aka.ms/wsl-ubuntu-1604 -OutFile ~/Ubuntu.zip -UseBasicParsing


ダウンロードが完了するまで待ちます。

2-2.アーカイブの展開

以下のコマンドを実行し、ダウンロードしたアーカイブを展開します。

Expand-Archive ~/Ubuntu.zip ~/Ubuntu


注意

アーカイブの展開先は、必ずシステムドライブ上のディレクトリーを指定してください。

2-3.実行ファイルの確認

展開したディレクトリー内を見ると、以下のようにLinuxディストリビューションの実行ファイルが見つかります。


2-4.Ubuntuの起動

「ubuntu.exe」を実行し、「Ubuntu」を起動します。


Error: 0x8007007eが表示された時は

「Error: 0x8007007e」が表示された時は、「WSL」がインストールされていません。
上記の手順を参考に、「WSL」をインストールして下さい。

2-5.ユーザーアカウントの作成

初めて「Ubuntu」を起動すると、「Ubuntu」のユーザーアカウントの作成が行われます。
「Enter new UNIX username:」と表示されるので、「Ubuntu」で使用するユーザー名を入力します。


補足

必ずしもWindowsのユーザー名と一致している必要はありません。
ユーザー名は英数字と一部の記号のみ利用可能です。

ユーザー名を入力したら「エンター」キーを押します。

2-6.パスワードの入力

「2-5.」で指定したユーザーのパスワードを入力します。


パスワードを入力したら「エンター」キーを押します。

注意

入力したパスワードは表示されません。

キーを押しても何も変化がないように見えますが、実際はちゃんと入力されているので注意してください。

2-7.パスワードの入力

確認のため「2-6.」で入力したパスワードと同じパスワードを入力します。


パスワードを入力したら「エンター」キーを押します。

2-8.セットアップ完了

以上でセットアップ完了です。
以下のように「Ubuntu」を利用できます。


次回以降は、「ubuntu.exe」を起動すれば、すぐに「Ubuntu」を利用できる状態になります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション