kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

コンソールのカラースキームを簡単に変更できるツールのリリース

以前紹介したように、コンソールのカラースキームが新しくなりました。



コンソールのカラースキームが新しくなっても既存の環境では、従来のカラースキームがそのまま採用されます。

そのため新しいカラースキームに変更するためのツールを後日リリースするとのアナウンスがありました。

そして2017年8月11日に、公式からコンソールのカラースキームを簡単に変更できるツールがリリースされました。


「ColorTool」はMITライセンスで提供されるオープンソースのソフトウェアです。
現状ソースコードのみ提供されており、「ColorTool」を利用したいユーザーはまず自分で「ColorTool」をビルドする必要があります。

ここでは「ColorTool」のビルド方法と利用方法を紹介します。

1.ColorToolをビルドするには

「ColorTool」をビルドする方法です。

1-1.Visual Studioのインストール

「ColorTool」をビルドするには、開発環境が必要です。

事前に「Visual Studio」をインストールしておきましょう。
「Visual Studio」は以下からダウンロードできます。


「Visual Studio」には複数のエディションがありますが、無償で利用できる「Visual Studio Community 2017」でOKです。


1-2..NET Framework 4.7開発ツール

「Visual Studio」インストール時、「.NET Framework 4.7開発ツール」にチェックを入れ「.NET Framework 4.7開発ツール」もインストールしておきます。


すでに「Visual Studio」をインストール済みなら、「Visual Studio Installer」を起動し、「.NET Framework 4.7開発ツール」をインストールしてください。

1-3.ソースコードのダウンロード

以下のサイトにアクセスし、「ColorTool」のソースコードをダウンロードします。
ます。



ページ右上に「Clone or download」ボタンがあるので、これをクリックすればZIP形式でソースコードをダウンロードできます。

 

1-4.ColorToolのビルド

ダウンロードしたZIPアーカイブを展開すると、「console-master\console-master\tools\ColorTool」フォルダー内に「build.bat」が見つかります。


「build.bat」をコマンドプロンプトから実行します。


以上でビルドは完了です。

「ColorTool」の実行ファイルが、「console-master\console-master\tools\ColorTool\ColorTool\bin\Debug\colortool.exe」に生成されます。

1-5.カラースキーム定義ファイルのコピー

カラースキームを定義したファイルが「console-master\console-master\tools\ColorTool\schemes」にあります。


「schemes」をフォルダーごと、生成した実行ファイルがある「console-master\console-master\tools\ColorTool\ColorTool\bin\Debug」フォルダー内にコピーします。


これで「ColorTool」の準備は完了です。

2.ColorToolの使い方

「ColorTool」の使い方です。

3種類の使い方があります。
いずれもカラースキームの適用先が異なるだけです。

補足

「ColorTool」ではオプションにカラースキーム定義ファイル名を指定します。
このファイル名の拡張子は省略可能です。

2-1.コンソールウィンドウのプロパティーにカラースキームを適用するには

コンソールウィンドウのプロパティーにカラースキームを適用する方法です。
以下のコマンドを実行します。

colortool カラースキーム定義ファイル名

ここでは例として、「campbell」を適用してみます。
以下のコマンドを実行します。

colortool campbell

以下のようにカラー一覧が表示され、コンソールウィンドウのプロパティーにカラーが反映されます。


設定を保存するには

この変更を保存するには、コンソールウィンドウのプロパティー画面を開き、「OK」ボタンをクリックします。


プロパティー画面を表示するには、コンソールウィンドウのタイトルバーを右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」をクリックしてください。

2-2.カラースキームをデフォルトのカラースキームとして適用するには

デフォルトのカラースキームとして適用するには、以下のコマンドを実行します。

colortool -d カラースキーム定義ファイル名

これでデフォルトのカラースキームが変更されます。

現在開いているコンソールウィンドウのカラースキームは変更されませんが、新たに起動したコンソールウィンドウのカラースキームは、指定されたカラースキームが反映されます。

2-3.カラースキームをコンソールウィンドウ及びデフォルトとして適用するには 

カラースキームをコンソールウィンドウ及びデフォルトとして適用するには、以下のコマンドを実行します。

colortool -b カラースキーム定義ファイル名

カラースキームの定義ファイルについて

「ColorTool」では、カラースキームを定義した定義ファイルを指定して、カラースキームを変更します。
この定義ファイルには、 以下の8種類のカラースキームがデフォルトで用意されています。

  1. campbell-legacy
  2. campbell
  3. cmd-legacy
  4. deuteranopia
  5. OneHalfDark
  6. OneHalfLight
  7. solarized_dark
  8. solarized_light

上記のカラースキームの内、新しく採用されたカラースキームは、「campbell」です。
また従来使用されていたカラースキームは、「cmd-legacy」です。

1.campbell-legacy

「campbell-legacy」のカラースキームは、以下のようになります。


2.campbell

「campbell」のカラースキームは、以下のようになります。


3.cmd-legacy

「cmd-legacy」のカラースキームは、以下のようになります。


4.deuteranopia

「deuteranopia」のカラースキームは、以下のようになります。


5.OneHalfDark

「OneHalfDark」のカラースキームは、以下のようになります。


6.OneHalfLight

「OneHalfLight」のカラースキームは、以下のようになります。


7.solarized_dark

「solarized_dark」のカラースキームは、以下のようになります。


8.solarized_light

「solarized_light」のカラースキームは、以下のようになります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション