kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 17.04向けVirtualBoxリポジトリー

「Ubuntu 17.04」向け「VirtualBox」のリポジトリーが利用できるようになりました。


「Ubuntu 16.10」から「Ubuntu 17.04」へアップグレードし、「VirtualBox」のリポジトリーを利用していた人は、「VirtualBox」のリポジトリーを有効にしておくと良いでしょう。

「VirtualBox」のリポジトリーを有効にすると、上記のように「ソフトウェアの更新」から「VirtualBox」のアップデートを受けられるようになります。

VirtualBoxのリポジトリーを有効にするには

「システム設定」を起動し「ソフトウェアとアップデート」をクリックします。
「ソフトウェアとアップデート」が起動したら「他のソフトウェア」タブをクリックします。


「他のソフトウェア」の一覧の中から「VirtualBox」のソースを探し、左側のチェックボックスをオンにします。


ソースの確認

上記画面で「VirtualBox」のソースを選択して「編集」ボタンをクリックし、「ディストリビューション」の設定が「zesty」になっていることを確認しておいてください。


VirtualBoxのアップデート

上記の作業が完了したら、「ソフトウェアの更新」を起動し「VirtualBox」のアップデートを行ってください。



関連記事一覧
オプション