kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

無線LANに接続できない問題

「Ubuntu 17.04」及び一部の無線LANアダプターにて、無線LANに接続できない問題が報告されています。



「Ubuntu 17.04」の「NetworkManager」では、安全性を向上させる「MAC Address Randomization」が有効になっており、この機能との組み合わせで問題が起きているとのことです。


回避策

もし「MAC Address Randomization」が原因で無線LANが繋がらない場合は、「MAC Address Randomization」を無効化することでこの問題を回避できます。

1.NetworkManager.confファイルを開く

「NetworkManager」の設定ファイルである「/etc/NetworkManager/NetworkManager.conf」ファイルを、テキストエディターで開きます。

sudo -i gedit /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf


以下のように設定ファイルの中身が表示されます。


補足

「gedit」がインストールされていないフレーバーを利用している場合、「gedit」の代わりにデフォルトでインストールされているテキストエディターを利用してください。

Kubuntuなら「kate」を、Xubuntuなら「mousepad」を、Lubuntuなら「leafpad」を利用してください。

2.編集

以下の内容を追記します。

[device]
wifi.scan-rand-mac-address=no


3.ネットワークマネージャーの再起動

設定を反映するため、ネットワークマネージャーを再起動します。

sudo systemctl restart network-manager



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション