kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 14.04からUbuntu 16.04へアップグレード

先ほど紹介した通り、「Build 14936」では「Ubuntu 16.04」が利用できるようになりました。


ここではすでに「Ubuntu 14.04」がインストールされている環境を「Ubuntu 16.04」にアップグレードする方法を紹介します。

アップグレードに関する注意事項は「Ubuntu on Windows」でも同じですので、以下を参考にしてください。


もしアップグレードに失敗した時は

もしアップグレードに失敗した時は、「Ubuntu on Windows」を再インストールすると良いでしょう。
「Ubuntu on Windows」の再インストール方法は、以下を参考にしてください。


アップグレード方法

「Ubuntu 14.04」がインストールされている環境を「Ubuntu 16.04」にアップグレードしてみます。

1.アップグレード開始

以下のコマンドを実行し、アップグレードを開始します。

sudo do-release-upgrade


2.アップグレード確認

アップグレードを行っても良いか確認が行われます。
「y」を入力してアップグレードを実行します。


3.パッケージのダウンロード開始

「Ubuntu 16.04」のパッケージのダウンロードが始まります。


その後パッケージのインストールが行われます。

4.その他質問や確認

パッケージのインストール段階で、いくつか質問が表示されます。
表示される質問の内容は環境によって異なります。

ここでは例として以下の確認に対しては、「はい」を選択しました。


設定ファイルの上書きや維持

設定ファイルに関する確認は、「D」で差異を確認してから、設定ファイルを上書き(Y/I)するか、既存の設定ファイルを維持(N/O)するか選択すると良いでしょう。


サポートされていないパッケージやリポジトリーに見つからないパッケージ

サポートされていないパッケージやリポジトリーに見つからないパッケージの削除確認も行われます。
削除するなら「y」を入力し、そのまま残すなら「N」を入力します。


ここでは例として「y」を入力しました。

5.再起動

アップグレードが完了すると、以下のように再起動が促されます。
「y」を入力して「エンター」キーを押します。


一旦コンソールを閉じて再度bashを起動します。

6.バージョンの確認

以下のコマンドを実行してバージョンを確認します。

lsb_release -a


「Ubuntu 16.04.1 LTS」が表示されればOKです。
アップグレード中、特に問題は起きませんでした。
スムーズにアップグレードできました。


関連記事一覧
オプション