kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 16.04をインストールする前に

「Ubuntu 16.04」をインストールする前に、「Ubuntu 16.04」のインストールに必要な準備や、「Ubuntu 16.04」が動作するかどうか確認を行う必要があります。


いきなりUbuntuをインストールするのではなく、まずはUbuntuを試用してみましょう。

Ubuntuが起動するか、使い勝手は良いか、パフォーマンスは十分か、インターネットに接続できるかなど、事前に確認しておきましょう。

確認の結果特に問題がなければ、試用のために起動したUbuntuからインストールを行うこともできます。

Ubuntuの特徴

UbuntuはDebianから派生したOSであり、初心者でも誰でも簡単に利用できるOSを目指し開発が行われています。
UbuntuはLinuxディストリビューションの中で非常にユーザー数が多く、最低でも3000万人以上のユーザーがUbuntuを利用しています。

またUbuntuはデスクトップ向けのOSだけでなく、サーバーやクラウド、スマートフォーンなど様々な分野に向けて最適化されたバージョンを提供し、幅広い分野でUbuntuが使われています。
あのWikipediaもUbuntuによりサービスが提供されています。

個人ユーザーからUbuntuを見た場合、利用者が多いため情報量が非常に多く、初心者の助けになる情報が得られやすい、という利点があります。
また同様に開発者も多く、Ubuntu向けに多くのソフトウェアが提供されています。
利用者の多さはサードパーティーにとってUbuntu向けにソフトウェアを提供する動機の1つとなります。
そして今やUbuntuは、Windowsに向けても提供されています。(WSL) 
UbuntuはLinuxディストリビューションの中で大きな存在となっています。

日本語ユーザーにとって日本語入力や日本語の表示は必須です。
Ubuntuは日本語環境も充実しており、インストール時に日本語環境を構築してくれます。
そしてUbuntuの日本語ユーザーを支援しているUbuntu Japanese Teamコミュニティーにより、日本語ユーザー向けの情報や、ユーザー参加型のフォーラムが提供されています。
自分一人では解決できない疑問や質問、そして相談を、日本語ユーザー同士でやり取りする場が提供されています。

誰でも簡単に利用できるOSを目指して開発されているため、多くの人にとって扱いやすいOSです。
インストールも難しくありません。
初心者にとってハードルになり易いインストール作業も、お任せでインストールする機能を提供しており、画面の案内に従って操作していけばインストールが完了します。

Canonicalによる強力な支援

Canonical(カノニカル)は、Ubuntuの商用サポートやUbuntuに関連したサービスを展開する法人です。
Ubuntuの開発に多大な支援を行っています。

Ubuntuを立ち上げたMark Shuttleworth氏が出資して設立した会社でもあり、UbuntuとCanonicalには強い結び付きがあります。
Ubuntuの開発コードを決めているのは、Mark Shuttleworth氏です。

またCanonicalは、Ubuntuの積極的な開発支援やUbuntuブランドの展開も行っており、Ubuntuやコミュニティーの強力な後ろ盾となっています。

Ubuntuをよりモダンなシステムにするために、そしてオープンソースの開発者やユーザにとってより便利な仕組みを提供するために、新たな仕組みを新規に開発しUbuntuに投入しています。
Canonicalの主導により開発されたシステムの一例を上げると、以下のようになります。

  • Unity(デスクトップ環境)
  • Mir(ディスプレイサーバー)
  • Snappy(パッケージ管理システム)
  • Launchpad(プロジェクト管理)
  • Ubuntu Software Center(パッケージ管理)
  • Ubuntu One(オンラインサービス・SSO)
  • Upstart(initデーモンの代替)
  • GNU Bazaar(バージョン管理システム)
  • Ubiquity(Ubuntuのインストーラー)
  • Quickly(ソフトウェア開発フレームワーク)
  • Storm(データベースライブラリー) 
  • Juju(オーケストレーション管理ツール)

また、企業間の交渉にとってCanonicalは重要な存在です。
コミュニティーがベンダーにアプローチをかけるよりも、法人であるCanonicalがアプローチした方がうまく行くケースもあるでしょう。
(もちろん逆もまた然りです。)

初心者”専用”のOSではない

Ubuntuは、初心者”専用”のOSではありません。
初心者”でも扱える”OSです。

初心者でも扱えるように様々な工夫がなされていますが、深い所を知りたければ下はLinux Kernelから上はアプリケーションまで、ユーザーは自由に手を延ばすことができます。
足を突っ込んだら底なし沼だった、頼んでないのにそんな経験だってできます。

デスクトップ環境にサーバーのソフトウェアをインストールし、サーバーの機能を利用することもできます。
デスクトップでもありサーバーでもある環境を構築することもできます。

GUI環境だけでなく元々充実しているCUI環境も共存して利用できます。
テキストの編集にgeditを利用しても良いですし、vimを利用しても良いです。

このように柔軟性のある使い方が実現できます。
もちろん難しいことを行うにはそれ相応の知識が必要ですが、新たな知識を手に入れる良い機会となるでしょう。

フレーバーでさらに幅が広がる

Ubuntuにはフレーバーという仕組みがあり、デスクトップ環境を入れ替えたり、特定の地域向けに最適化されたOSが提供されています。

KubuntuやXubuntu、Lubuntuなど、Ubuntuには数多くのフレーバーが存在します。
いずれのフレーバーもベースはUbuntuとほぼ同じであるため、扱いやすさはさほど変わりません。

もっと軽量なOSが使いたければLubuntuを選択したり、モダンでカスタマイズの幅が広いユーザーインターフェースを満喫したければKubuntuを選択するなど、フレーバーによりユーザーの選択肢に幅ができます。

1.Ubuntuが動作するPC

  Ubuntuを動作させるには、以下のハードウェアが必要です。

項目 推奨するハードウェア
CPU デュアルコアCPU 2GHz以上
メモリー 2GB以上
GPU OpenGLに対応したグラフィックカード
HDD 25GB以上の空き容量
DVD ライブDVDから起動する場合に必要
USB 2.0 ライブUSBから起動する場合に必要
ネットワーク インターネットに接続できる環境(推奨)

おおよそ2007年から2008年ごろに発売されたPCが基準になります。

CPU

Intel Core 2 Duo世代が基準になります。

メモリー

使用するアプリケーションに合わせて、必要とするメモリーの容量が変わってきます。
できれば4GBは欲しいところです。

GPU

デスクトップ環境であるUnityがOpenGLを使用するため、AMD Radeon HD 4000シリーズ程度の性能が欲しいところです。

Windows VistaのAeroが動作するPCであれば、大丈夫でしょう。

性能が十分かどうかは試用して決める

性能が十分かどうかは、実際にUbuntuを試用して決めると良いです。

2.32bit版と64bit版どちらを選ぶ?

Ubuntuには、Windowsと同じように32bit版と64bit版があります。
CPUがサポートしているアーキテクチャーによって、利用できるUbuntuのアーキテクチャーが決まります。

CPUのアーキテクチャー Ubuntu 32bit版 Ubuntu 64bit版
x86 ×
x86-64

将来性

将来性があるのは64bit版です。

例えば「Google Chrome」は、64bit版のみリリースされています。
32bit版のUbuntuでは、「Google Chrome」が利用できません。

先のことを考えると、64bit版を選択したほうが良いです。  

32bit版は性能が低いPC向け

CPUの性能があまり高くない場合やメモリーの容量が2GBの場合は、32bit版を選択すると良いでしょう。

性能が低いPCでどうしても64bit版を利用したい場合は、軽量系のフレーバーであるLubuntu 64bit版の利用を検討してみてください。

3.ディスクイメージをダウンロードしよう

Ubuntuのディスクイメージをダウンロードしてください。

リリースノートを読もう

ディスクイメージをダウンロードしている間に、リリースノートを読みましょう。
リリースノートには、変更点やサポート期間、既知の不具合等が記述されています。

4.ライブメディアを作ろう

ディスクイメージをダウンロードしたら、ディスクイメージからライブメディアを作成します。
このライブメディアからUbuntuを起動します。

ライブメディアとは

UbuntuはDVDやUSBメモリーから起動することができます。
Ubuntuが起動するDVDやUSBメモリーのことをまとめてライブメディアと表現します。 
ライブメディアはUbuntuのインストールや試用に利用します。

ライブメディアの種類

ライブメディアには、DVDとUSBの2種類がります。
PCが起動に対応しているメディアを選択してください。
詳しくはPCの説明書を確認してください。

おすすめはUSBです。
USB 2.0以降対応のUSBメモリーでライブUSBメモリーを作成すると楽です。

ライブメディアで起動したデスクトップ環境について

ライブメディアから起動したUbuntuでは、HDDにインストールしたUbuntuのようにアプリの利用やインストールが可能です。HDDにインストールしたUbuntuとほぼ同様に利用することができます。

ただし、そのUbuntuで行ったUbuntuに対する変更は保存されません。
再起動すれば元の状態に戻ります。

言語環境について

公式サイトからダウンロードしたディスクイメージを元にライブメディアを作成した場合、日本語環境が含まれていないため英語での利用になります。

Ubuntu 16.04日本語 Remixがリリースされれば、Ubuntu 16.04日本語 Remixのディスクイメージを元にライブメディアを作成し、日本語環境でUbuntuを利用することができます。

ただしUbuntuのインストールやインストール後のUbuntuは、公式サイトからダウンロードしたディスクイメージを元に作成したライブメディアでも、日本語で利用できます。

UbuntuでライブDVDを作成する場合は

UbuntuでライブDVDを作成する場合は、「Brasero」を利用してライブDVDを作成します。
ディスクイメージからライブDVDを作成する方法は、以下を参考にしてください。


UbuntuでライブUSBメモリーを作成する場合は

UbuntuでライブUSBメモリーを作成する場合は、以下のいずれかの方法を利用してライブUSBメモリーを作成します。


WindowsでライブDVDを作成する場合は

WindowsでライブDVDを作成する場合は、以下を参考にしてライブDVDを作成します。


WindowsでライブUSBメモリーを作成する場合は  

WindowsでライブUSBメモリーを作成する場合は、以下のいずれかの方法を利用してライブUSBメモリーを作成します。


5.Ubuntuを起動しよう

ライブメディアを作成したら、実際にUbuntuを起動してみましょう。
ライブメディアから起動したUbuntuは、ほぼフルセットのUbuntuが動作します。
既存のシステムに変更を加えること無く、Ubuntuを試しに利用してみることができます。

どうやってUbuntuを起動する?

ライブメディアをPCに挿入して、PCを起動してください。

Ubuntuが起動しない時は

PCやPCの設定によっては、ライブメディアを挿入しただけではUbuntuをライブメディアから起動することができません。

BIOSやUEFIでは、どの順番でストレージ(HDDやDVDドライブあるいはUSBメモリーなど)に入っているOSを起動するのかを指定することができます。

ライブメディアを挿入してもUbuntuが起動しない場合は、BIOSやUEFIの設定を確認してください。
DVDドライブやUSBメモリーの優先順位をHDDより上げることで、ライブメディアからUbuntuを起動できるようになります。

これらの設定は、BIOSやUEFIの設定画面から行います。

BIOSやUEFIの設定画面を表示するには

OSの起動順を設定するには、BIOSやUEFIの設定画面を表示する必要があります。
多くのPCでは、PC起動時(電源投入時/メーカーのロゴが表示されている最中)に何かしらのキーを押すことで、BIOSやUEFIの画面を表示することができます。

メーカーやPCのモデルにより押すキーが異なるため、PCの説明書を参考にしてください。

BIOSやUEFIの設定例

例えば「VALUESTAR S(VALUESTAR G タイプS)」の場合、リンク先から以下のことが分かります。

「本機の起動時に、OSを起動するデバイスを手動選択する」から、PCの起動時に「F2」キーを連打すれば、UEFIの画面が表示できることが分かります。

「Boot」メニューの「1st Boot」に「CD/DVD」を設定すれば、DVDのライブメディアからUbuntuを起動できることが分かります。

同様に「Advanced」メニューの「USB Storage Device Support」を「Enabled」に設定し、「Boot」メニューの「1st Boot」に「USB HardDisk」を設定すれば、USBメモリーのライブメディアからUbuntuを起動できることが分かります。

6.Ubuntuが起動したら

BIOSでUbuntuを起動した場合とUEFIでUbuntuを起動した場合で、デスクトップ画面が表示されるまでの流れが少し異なります。

BIOSでUbuntuを起動した時は

BIOSでUbuntuを起動した場合です。

1.起動画面

BIOSでUbuntuを起動した時は、起動時に紫色の画面が表示されます。


2.Welcome画面

次にWelcome画面が表示されます。


左側の言語一覧を一番下までスクロールして「日本語」を選択し、「Ubuntuを試す」ボタンをクリックします。


UEFIでUbuntuを起動した時は

UEFIでUbuntuを起動した場合です。
以下のように黒背景の起動画面が表示されるので、「Try Ubuntu without installing」を選択して「エンター」キーを押します。


デスクトップ画面

無事何事もなければ、Ubuntuのデスクトップ画面が表示されます。


次のステップでは、Ubuntuの基本的な使い方を紹介します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション