kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Lubuntu 16.04をインストールする前に

「Lubuntu 16.04」をインストールする前に、「Lubuntu 16.04」のインストールに必要な準備や、「Lubuntu 16.04」が動作するかどうか確認を行う必要があります。


いきなりLubuntuをインストールするのではなく、まずはLubuntuを試用してみましょう。

Lubuntuが起動するか、使い勝手は良いか、パフォーマンスは十分か、インターネットに接続できるかなど、事前に確認しておきましょう。

確認の結果特に問題がなければ、試用のために起動したLubuntuからインストールを行うこともできます。

Lubuntuの特徴

LubuntuはUbuntuのフレーバーの1つであり、Ubuntuをベースとしたディストリビューションです。
Ubuntu異なる点は、デスクトップ環境にUnityの代わりにLXDEを採用している点です。
Linux KernelなどGUIを支えるソフトウェアは、Ubuntuと同じソフトウェアを採用しています。

最速最軽量なフレーバー

LXDEは軽量なデスクトップ環境であり、Ubuntuと比較すると軽快に動作します。
メモリーの使用量などハードウェアにかかる負荷や消費するリソースがUbuntuよりも少なくて済みます。

また他のフレーバーと比較しても、最速最軽量なフレーバーです。

Ubuntuの動作が重いPCでは、LubuntuはUbuntuの代替候補となるでしょう。

軽量アプリをインストール

Lubuntuにデフォルトでインストールされるアプリも、軽量なアプリが中心です。
ストレスを感じさせないアプリが利用できますが、機能的に物足りなさを感じるかも知れません。

必要なら、後からアプリをインストールすれば良いです。

1.Lubuntuが動作するPC

Lubuntuを動作させるには、以下のハードウェアが必要です。

項目 推奨するハードウェア
CPU PAEをサポートしたCPU
メモリー 1GB以上
GPU XGA
HDD 10GB以上の空き容量
DVD ライブDVDから起動する場合に必要
USB 2.0 ライブUSBから起動する場合に必要
ネットワーク インターネットに接続できる環境(推奨)

おおよそ2004年ごろに発売されたPCが基準になります。

CPU

Pentium 4世代が基準になります。

メモリー

使用するアプリケーションに合わせて、必要とするメモリーの容量が変わってきます。
できれば2GBは欲しいところです。

性能が十分かどうかは試用して決める

性能が十分かどうかは、実際にLubuntuを試用して決めると良いです。

2.32bit版と64bit版どちらを選ぶ? 〜 5.Lubuntuの起動

Ubuntuの項目を参考にしてください。

2.32bit版と64bit版どちらを選ぶ?
3.ディスクイメージをダウンロードしよう
4.ライブメディアを作ろう
5.Ubuntuを起動しよう 

LubuntuでライブDVDを作成する場合は

LubuntuでライブDVDを作成する場合は、「Xfburn」を利用すると良いでしょう。


6.Lubuntuが起動したら

BIOSでLubuntuを起動した場合とUEFIでLubuntuを起動した場合で、デスクトップ画面が表示されるまでの流れが少し異なります。

BIOSでLubuntuを起動した時は

BIOSでLubuntuを起動した場合です。

1.言語選択画面

BIOSでLubuntuを起動した時は、起動時に言語選択画面が表示されます。


2.日本語の選択

「日本語」を選択して「エンター」キーを押します。


3.Lubuntuの起動

「インストールせずにLubuntuを試してみる」を選択して「エンター」キーを押します。


UEFIでLubuntuを起動した時は

UEFIでLubuntuを起動した場合です。
以下のように黒背景の起動画面が表示されるので、「Try Lubuntu without installing」を選択して「エンター」キーを押します。


デスクトップ画面

無事何事もなければ、Lubuntuのデスクトップ画面が表示されます。


Lubuntuを使ってみよう

ライブメディアからLubuntuを起動し無事デスクトップ画面が表示されたら、「Lubuntu」を使ってみましょう。

既存のシステムに変更を加えること無く、アプリを利用したりアプリのインストールを行うことができます。

デスクトップ画面の使い方

デスクトップ画面の使い方です。


Lubuntuのデスクトップ画面は、全体的にWindows 98と似ています。

1.メニュー

いわゆるスタートメニューです。
ボタンをクリックすると、アプリを起動する階層型メニューが表示されます。


2.タスクバー

起動しているアプリのウィンドウが表示されます。

3.インジケーター

音量の調整やネットワークの表示等を行うインジケーターが表示されます。

Firefoxを起動してインターネットに接続できるか確認しよう

「Firefox」を起動してインターネットに接続できるか確認しましょう。

1.Firefoxの起動

メニューを開き、「インターネット」から「Firefox」のアイコンをクリックします。 


2.サイトにアクセス

適当なサイトにアクセスしてみてください。
アクセスできれば、インターネットに接続されています。


無線LANで接続する場合は

ネットワークは自動的に認識されますが、無線LANはパスワードの設定など接続に必要な手続きを行う必要があります。

画面右下のネットワークインジケーターをクリックし、表示されるメニューから無線LANのアクセスポイントをクリックします。


以下のようにパスワードを入力する画面が表示されるので、パスワードを入力し「Connect」ボタンをクリックします。


以上で完了です。

ファイルマネージャーを起動するには

ファイルマネージャーとは、Windowsで言うところの「Explorer」です。
Lubuntuのファイルマネージャーは、「PCManFM」です。

1.ファイルマネージャーの起動

メニューを開き、「アクセサリ」から「ファイルマネージャー PCManFM」のアイコンをクリックします。


2.PCManFMの起動

以下のように、「PCManFM」が起動します。
「PCManFM」からファイルの閲覧や操作ができます。


アプリのインストールするには

アプリをインストールすることもできます。
ただしインターネットに接続されている必要があります。

1.ソフトウェアの起動

メニューを開き、「システムツール」から「Lubuntuソフトウェアセンター」のアイコンをクリックします。 


2.アプリの表示

以下のように、アプリのカテゴリー一覧が表示されるので、カテゴリーをクリックしてアプリをインストールします。


適当にアプリをインストールしてみてください。
アプリをインストールしても、PCを再起動すると元の状態(アプリがインストールされていない状態)に戻ります。

システムの設定を行うには

ディスプレイの解像度やネットワークの設定など、システムに関する設定は各設定アプリから行います。

設定アプリは、メニューの「システムツール」や「設定」を選択すると、各設定アプリが表示されます。

システムツール



設定



システムの設定を変更しても、PCを再起動すると元の状態に戻ります。

LubuntuをインストールするHDDを確認しよう

もしLubuntuをインストールする場合、ここでLubuntuをインストールするHDDを確認しておきましょう。

1.gpartedの起動

メニューを開き、「システムツール」から「GParted」のアイコンをクリックします。


2.HDDの選択

以下のように「gparted」が起動します。
右上にHDDなどストレージの一覧が表示されます。
Lubuntuをインストールする予定のHDDを選択し、「View」を開いて「Device Information」をクリックします。


3.HDDの情報

以下のようにHDDの情報とパーティションの一覧が表示されるので、Lubuntuをインストール予定のHDDなのかどうか確認をしてください。


「2.」で選択したHDDの情報は、LubuntuをインストールするHDDを識別する情報です。
表示されている内容を覚えておきましょう。

上記の場合は「/dev/sda」ですね。

注意

ここでHDDの操作(フォーマットなど)を行うと、実際にHDDがフォーマットされます。
不用意にHDDを操作しないように注意してください。

Lubuntuをインストール場合は

Lubuntuを試しに使ってみて特に問題なく、Lubuntuをインストール場合は、以下を参考にしてください。


BIOSとUEFIどちらでインストールしたほうが良いのか?

おおよそ2011年以降に発売されたPCはUEFIを採用しており、UEFIでインストールすることがほとんどです。
将来性があるのはUEFIですが、以下を参考にして決めてください。



関連記事一覧
オプション