kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Windows 8.1のパーティション構成を確認する

  ここではWindows 8.1インストール後に、現在のパーティション構成がどうなっているのかを確認します。

  「Windows 8.1をインストールする」の続きです。

  リカバリー領域について

    ここで紹介するパーティションにはリカバリー領域はありません。

ディスクの管理の起動方法について

  Windows 8.1でパーティション管理を行う際、「ディスクの管理」でパーティションの管理を行うことができます。

  「ディスクの管理」は以下のように「スタートボタン」を右クリックし、表示されたメニューから「ディスクの管理」をクリックします。


ディスクの管理でパーティション構成を確認する

  「ディスクの管理」を起動すると、以下のようにパーティションの情報が表示されます。


  以下の3つのパーティションが作成されていることが分かります。

  • 回復パーティション
  • EFIシステムパーティション
  • ブートパーティション(C:)

  回復パーティション 

    Windows 回復環境 (Windows RE) ツール パーティションです。
    Ubuntuにはこれに相当するパーティションはありません。

    Windowsでトラブル発生時に使用するソフトウェアがインストールされているパーティションです。
    Ubuntuでトラブルが発生した時は「GRUB2」からリカバリーモードでUbuntuを起動するか、ライブメディアを使用してUbuntuを起動します。

  EFIシステムパーティション

    Windowsのブートマネージャー(OSローダー)がインストールされています。
    Ubuntuで言うところの「/boot/efi」に相当します。

    UbuntuのOSローダーもこのパーティションにインストールします。

  ブートパーティション

    Windowsがインストールされているパーティションです。
    Ubuntuで言うところの「/」に相当します。

  Microsoft 予約パーティション (MSR) について

    Microsoft 予約パーティション (MSR) は「ディスクの管理」には表示されていませんが、実際には存在しています。
    Ubuntuの「GParted」で見ると、このパーティションの存在がわかります。

ブート構成データ(BCD)の情報を確認する

  ブート構成データ(BCD)の情報を見てみます。

  1.コマンドプロンプトの起動

    コマンドプロンプトから「Bcdedit」を起動するため、まずコマンドプロンプトを管理者で起動します。

    以下のように起動するとよいでしょう。


  2.bcdeditの実行

    コマンドプロンプトが起動したら、以下のように「bcdedit」コマンドを実行します。

bcdedit

  3.ブート構成データ(BCD)の情報

    以下のようにブート構成データ(BCD)の情報が表示されます。

C:\Windows\system32>bcdedit

Windows ブート マネージャー
--------------------------------
identifier              {bootmgr}
device                  partition=\Device\HarddiskVolume2
path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
description             Windows Boot Manager
locale                  ja-JP
inherit                 {globalsettings}
integrityservices       Enable
default                 {current}
resumeobject            {08c5b9c9-d1f1-11e3-b107-94ced5f37e35}
displayorder            {current}
toolsdisplayorder       {memdiag}
timeout                 30

Windows ブート ローダー
--------------------------------
identifier              {current}
device                  partition=C:
path                    \Windows\system32\winload.efi
description             Windows 8.1
locale                  ja-JP
inherit                 {bootloadersettings}
recoverysequence        {08c5b9cb-d1f1-11e3-b107-94ced5f37e35}
integrityservices       Enable
recoveryenabled         Yes
isolatedcontext         Yes
allowedinmemorysettings 0x15000075
osdevice                partition=C:
systemroot              \Windows
resumeobject            {08c5b9c9-d1f1-11e3-b107-94ced5f37e35}
nx                      OptIn
bootmenupolicy          Standard

  Windows ブート マネージャー

    Ubuntuで言うところの「GRUB2」のブートローダー(OSローダー)に相当します。
    UEFIのブートマネージャーは、このOSローダーを読み込んで実行します。

  Windows ブート ローダー

    Windows 8.1を起動するWindows 8.1自身のブートローダーです。

    Ubuntuで言うところのブートローダーとは意味が異なります。
    Ubuntuのブートローダーは、「GRUB2」を起動するためのソフトウェアがブートローダーと呼ばれます。

    WindowsのブートローダーをUbuntuで表現すると、Ubuntuの起動にはまずLinux Kernel(vmlinuz + initrd.img)を起動するため、Linux Kernelを起動する「GRUB2」に相当します。

Cドライブのプロパティーを確認する

  Windowsがインストールされているディスクのプロパティーを見ると、以下のようになっています。
  この後、このパーティションを縮小し、Ubuntuをインストールする空き領域を作ることになります。


Ubuntuでパーティション構成を確認する

  Ubuntuの「GParted」でパーティション構成を確認すると、以下のような構成になっています。


  /dev/sda1

    Windowsの回復パーティションです。

  /dev/sda2

    WindowsのEFIシステムパーティション です。
    ここにWindowsのOSローダーがインストールされています。

  /dev/sda3

    Windowsの「ディスク管理」では表示されなかった「Microsoft 予約パーティション (MSR)」です。

  /dev/sda4

    Windowsのブートパーティションです。
    ここにWindowsがインストールされています。


  「パーティションの縮小について・パーティションを操作するアプリをインストールする」に続きます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション