kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Chromiumを使用すると仮想マシンがクラッシュする

  以下の環境で、「Chromium」を使用すると仮想マシンがクラッシュする現象が発生しました。

  • VirtualBox 4.3.10
  • Ubuntu 14.04(ホスト・ゲスト) 
  • Chromium バージョン 34.0.1847.116 Ubuntu 14.04 aura (260972)

  仮想マシンがクラッシュした時に、ホスト側のシステムログを確認すると、以下のログが出力されていました。

[30766.019984] ShCrOpenGL[23349]: segfault at 7f4890fa1f08 ip 00007f48d7061e30 sp 00007f4890362a68 error 4 in libc-2.19.so[7f48d6fc9000+1bc000]

  どうやら「VirtualBox」が提供する3Dアクセラレーションと「Chromium」が使用するハードウェアアクセラレーションの組み合わせが良くないようです。


Chromiumのハードウェアアクセラレーションを無効にする


  Chromiumのハードウェアアクセラレーションを無効にすることでこの状況を回避出来ました。

  1.3Dアクセラレーションの設定を確認

    先にVirtualBoxの仮想マシンの設定を開き、以下のように「3Dアクセラレーションを有効化」の設定を確認します。


  2.3Dアクセラレーションの無効化

    「3Dアクセラレーションを有効化」にチェックが入っていたら、以下のようにチェックを外します。
    事前に仮想マシンは終了しておいてください。


  3.Chromiumの設定画面を開く

    仮想マシンを起動し、Ubuntuを起動します。
    Ubuntuが起動したら「Chromium」を起動し、アドレスバーに「chrome://settings」と入力し「エンター」キーを押します。

    以下の画面が表示されるので、画面を一番下までスクロールし「詳細設定を表示」をクリックします。


  4.ハードウェアアクセラレーションの無効化

    以下のように「Use hardware acceleration when available」のチェックを外します。


  5.3Dアクセラレーションの有効化

    仮想マシンを終了し、無効化した仮想マシンの「3Dアクセラレーションを有効化」にチェックを入れ、3Dアクセラレーションを有効にしておきます。




関連記事一覧
オプション