kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

WindowsでUSBメモリーのライブメディアを作成する

  WindowsでUSBメモリーのライブメディアを作成する方法です。
  Windows XP SP3以降で作成可能です。

  ディスクイメージのダウンロード

    Ubuntuのディスクイメージをダウンロードしておきます。


USBメモリーのライブメディアを作成する

  ここでは「Universal USB Installer」を利用してライブメディアを作成します。

  1.USBメモリーのフォーマット

    USBメモリーは予め「FAT32」でフォーマットしておきます。


  2.Universal USB Installerのダウンロード

    「Universal USB Installer」をブラウザーで開き、「Universal USB Installer」をダウンロードします。


  3.Universal USB Installerの起動

    ダウンロードした「Universal USB Installer」をダブルクリックし、「Universal USB Installer」を起動します。


  4.ライセンスの同意

    ライセンスの画面が表示されるので、同意したなら「I Agree」ボタンをクリックします。


  5.OSの選択

    以下の画面が表示されるので、「Ubuntu」を選択します。


  6.ディスクイメージの選択画面表示

    「Browse」ボタンをクリックし、ディスクイメージの選択画面を表示します。


  7.ディスクイメージの選択

    ダウンロードしたUbuntu 14.04のディスクイメージを選択します。


  8.ディスクイメージの選択完了

    以下のように選択したディスクイメージのパスが表示されます。


  9.USBメモリーの選択

    ライブメディアを作成するUSBメモリーを選択します。


    選択したら「Create」ボタンをクリックします。

  10.警告の表示

    以下のように選択されたUSBメモリー内のデータが消えることや、「Universal USB Installer」が行う処理の内容が表示されます。


    「はい」ボタンをクリックします。

  11.ライブメディアの作成開始

    以下のようにライブメディアの作成が開始されます。
    終わるまで待ちます。


  12.作成完了

    作成が完了すると、以下のような画面になるので、「Close」ボタンをクリックします。


    以上で完了です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション