kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ライブメディアの作成

  Ubuntu 14.04のインストールや試用にあたり、まずUbuntu 14.04のライブメディアを作成する必要があります。


  Ubuntuを初めて利用する人は、まずUbuntu 14.04を試用してみるのが良いでしょう。
  そうでない人も、Ubuntuが正しく起動するか、インターネットに接続できるか、試用して確認しておきましょう。

  Ubuntuの試用は、既存のHDDに影響を与えることなく利用できます。

  ライブメディアとは

    UbuntuはDVDやUSBメモリーから起動することができます。
    Ubuntuが起動するDVDやUSBメモリーのことをまとめてライブメディアと表現します。
 
    ライブメディアはUbuntuのインストールや試用に利用します。

  ライブメディアで起動したデスクトップ環境について

    上記でも記述した通り、ライブメディアからUbuntuを起動し、Ubuntuを利用することができます。
    
    ライブメディアから起動したUbuntuでは、HDDにインストールしたUbuntuのようにアプリの利用やインストールが可能です。
    HDDにインストールしたUbuntuとほぼ同様に利用することができます。

    ただし、そのUbuntuで行ったUbuntuに対する変更は保存されません。
    再起動すれば元の状態に戻ります。

  言語環境について

    公式サイトからダウンロードしたディスクイメージを元にライブメディアを作成した場合、日本語環境が含まれていないため、英語での利用になります。

    Ubuntu 14.04日本語 Remixがリリースされれば、Ubuntu 14.04日本語 Remixのディスクイメージを元にライブメディアを作成し、日本語環境でUbuntuを利用することができます。

    Ubuntuのインストールやインストール後のUbuntuは、公式サイトからダウンロードしたディスクイメージを元に作成したライブメディアでも、日本語で利用できます。
    Ubuntuのインストーラーは、マルチランゲージに対応しています。

メディアの準備

  ライブメディアを作成するにあたり、メディアが必要になります。
  Ubuntuでは、以下のいずれかのメディアが必要になります。

  • DVD
  • USBメモリー

  DVD

    DVDといっても書き込み可能なDVDのことです。
    DVD-Rが良いでしょう。

    少なくとも自分が利用しているPCが、どの書き込みディスクに対応しているか確認しておきます。
    ディスクの対応状況は、PCの説明書を参考にしてください。

  USBメモリー

    USBメモリーの容量は、1.2GB以上を用意します。
    古いUSBメモリー(USB 1.1接続のもの)は、速度が遅くお勧めできません。
    USB 2.0接続以降のUSBメモリーを使用するとよいでしょう。

    USBメモリーの容量についてですが、実際にUSBメモリーでライブメディアを作成したところ、以下の容量になりました。

    994.11MiB = 1042MB

    ですので、1GBのメモリーだとライブメディアの作成に失敗する可能性があります。
    容量に余裕のあるUSBメモリーを用意しましょう。

    Windows 7

      Windows 7でライブメディア作成後のUSBメモリーの容量を見ると、以下のようになります。


    Ubuntu

      Ubuntuでライブメディア作成後のUSBメモリーの容量を見ると、以下のようになります。


  どちらのメディアを選ぶか

    DVDでもUSBメモリーでもどちらでもライブメディアが作成できます。

    使い勝手では、USBメモリーの方が良いです。
    速度が早く、ライブメディアの作成に失敗しても再利用できるためです。

    ただし、PCがそのメディアで起動(ブート)できることを確認しておいてください。
    USBメモリーからPCを起動できない場合、USBメモリーでライブメディアを作成しても利用できません。
    (「Plop Boot Manager」を利用する手がありますが、別途CDが必要です。)

ディスクイメージのダウンロード

  どのメディアでライブメディアを作成するか決定したら、次にUbuntu 14.04のディスクイメージをダウンロードします。

Ubuntuでライブメディアを作成する

  Ubuntuでライブメディアを作成する方法です。
  以下の方法があります。

  1.ブータブルUSBの作成

    「ブータブルUSBの作成」を利用してUSBメモリーのライブメディアを作成する方法です。
    ライブメディアの作成方法はすでに紹介済みですので、「USBスタートアップディスクを作成する 」を参考にしてください。


  2.UNetbootin

    「UNetbootin」を利用してUSBメモリーのライブメディアを作成する方法です。
    こちらもライブメディアの作成方法はすでに紹介済みですので、「UNetbootin」を参考にしてください。


  3.Brasero

    「Brasero」を利用してDVDのライブメディアを作成する方法です。
    「Brasero」はデフォルトでインストールされています。

    「Nautilus」でディスクイメージを右クリックし、表示されるメニューから「書き込む」をクリックするか、ディスクイメージを「Brasero」で開きます。

    以下の画面が表示されるので、案内に従ってDVDを作成してください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション