kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 14.04を利用する前に

  Ubuntu 14.04を利用する前に、UbuntuをインストールしようとしているPCがUbuntuを利用できるかどうか調べる必要があります。


  またUbuntu 14.04を試用してみて、Ubuntuが起動するか、使い勝手は良いか、パフォーマンスは十分か、インターネットに接続できるかなど、調べておくとよいでしょう。

  Ubuntuをインストールするまでの流れは、以下のようになります。

  • ライブメディアを作成する
  • Ubuntuを試用する
  • Ubuntuをインストールする

Ubuntuが動作するPC

  Ubuntu 14.04を快適に動作させるには、以下のハードウェアの性能に着目するとよいでしょう。

  • CPU
  • メモリー
  • グラフィックカード
  • ストレージ

  CPU

    デュアルコア以上のCPUが欲しいところです。
    シングルコアでも動作しますが、並行して様々なアプリを利用するには、力不足に感じるでしょう。

    PAE(Physical Address Extension)が必須

      Ubuntuを起動させるには、CPUがPAE(Physical Address Extension)に対応している必要があります。
      調べ方は後述します。

  メモリー

    多ければ多いほどよいですが、2GB以上のメモリーがあるとよいでしょう。
    1GBでも動作しますが、複数のアプリを起動するとスワップが発生し、パフォーマンスが落ちます。

  グラフィックカード

    UbuntuはOpenGLを利用するため、3Dの性能が良いグラフィックカードが良いです。
    Ubuntuが必要とするOpenGLの機能に対応していない機能は、ソフトウェアエミュレーションで実行されます。
    パフォーマンスが落ちるため、あまりお勧めできません。

    Windowsでよく耳にするDirect3DとOpenGLは別のものですが、多くの場合Direct3Dに対応していればOpenGLも利用できると思います。

    メーカーについて

      グラフィックチップ(GPU)のメーカーは、nVidiaかAMD(旧Ati)あたりがトラブルが少なくお勧めです。
      Intelのオンボードグラフィックも動作すると思います。(古いチップセットだとダメかもしれません)

      それ以外だと何かしらのトラブルが発生する可能性があります。
      可能な限り、事前に調べておくことをお勧めします。

  ストレージ

    ストレージは、HDDでもSSDでも、接続形態がEIDEでもSATAでも構いません。
    Ubuntuの起動やファイルのコピーなど、ファイル操作にかかる時間に影響します。

    遅いHDDを利用している場合、Ubuntuの起動に時間がかかるようになります。

  まとめると・・・

    まとめると、以下の2点が焦点になります。

  • Ubuntuが起動するかどうか
  • Ubuntuが満足の行くパフォーマンスで動作するかどうか

    前者はともかく、後者は利用者の主観で決まるところなので、実際に試用して判断してください。

    Ubuntuが起動しない場合、CPUがPAEに対応していなかったり、グラフィックカードのドライバーがない、あるいは、ドライバーが提供する機能が不十分である可能性があります。

プリインストールOS別に見てみる

  プリインストールされているWindowsのバージョンから、 Ubuntuが利用できるかどうか見てみます。


  Windows XP

    Windows XPは長い期間販売されていたこともあり、様々な種類のPC(ハードウェア)が存在します。

    基本的に、Windows XPがプリインストールされているPCでUbuntuを利用するには、厳しいかと思います。
    Ubuntuが起動するかしないかは試用してみればすぐ分かりますが、パフォーマンスに満足できないと思います。

    ただ、Windows Vistaが発売される少し前に発売されたゲーミングマシンなど、その頃としては高性能なPCであれば、Ubuntuがそれなりに利用できると思います。
    パフォーマンスに関しては、試用してみてください。

  Windows Vista

    Windows Vistaでは動作要件が一気に上がり、デスクトップはDirect3Dを利用して描画されるようになりました。
    いわゆるAeroです。

    Aeroが快適に動作するPCであれば、Ubuntuも動作すると思います。

    一方、Aeroが有効にできない、もしくはデフォルトでAeroが無効にされている、Aeroを有効にするとパフォーマンスが悪い場合、Ubuntuの利用は難しかもしれません。

  Windows 7

    Windows 7については、多くのPCで問題なく動作すると思います。
    ただしAeroに関しては、Windows Vista同様です。
    またUEFIについても注意が必要です。

  Windows 8以降

    Windows 7と同様です。
    ただし多くのPCはUEFIで動作していると思います。

    Ubuntuを単体でインストールする分にはそれほど問題はありませんが、Windows 8とデュアルブートにする場合は、ユーザーが注意しなければならない点がいくつかあり、ハードルが上がります。
    PCの初心者にはUEFIのデュアルブート及びその利用は難しいかと思います。

    UEFIで動作するWindows 7も同様です。

パフォーマンスが悪いと感じたら

  Ubuntuのパフォーマンスが悪いと感じたら、Ubuntuのフレーバーである「Xubuntu」や「Lubuntu」を検討してみるのもよいでしょう。

  フレーバーでも同様に、CPUがPAEに対応している必要があります。
  (forcepaeで回避できるようですが、ここでは扱いません。)

Ubuntu 32bitとUbuntu 64bit

  Ubuntuには、32bit版と64bit版があります。

  現状利用しているWindowsが64bit版なら、Ubuntu 64bit版を選びましょう。
  特にUEFIでインストールを行う場合は、Ubuntu 64bit版を選ぶ必要があります。

  現状利用しているWindowsが32bit版なら、Ubuntu 32bit版を選ぶとよいでしょう。
  Ubuntu 32bit版でもPAEにより、4GB以上のメモリーが利用できます。

  Windowsが32bit版か64bit版か調べるには

    コントロールパネルで現状利用しているWindowsが32bit版か64bit版か調べることができます。
    例えば以下の場合、Windowsは64bit版になります。


    Windows XPなら32bitです。

CPUがPAEに対応しているか調べるには

  CPUがPAEに対応しているか調べるには、以下の方法で行います。


  ここでは例として「Windows 7」上で調べていますが、Windows XP SP3 以降であればこの方法でPAEの対応状況を調べることができます。

  1.Coreinfoのダウンロード

    「Coreinfo」をブラウザーで開き、「Coreinfoのダウンロード」をクリックします。


  2.ダウンロード完了

    適当な場所にダウンロードします。


  3.圧縮ファイルの展開

    「Coreinfo」を適当な場所に展開(解凍)します。
    ZIPファイルなので、右クリックして表示されるメニューから「すべて展開」をクリックし、圧縮ファイルを展開します。

    別のアプリを利用しても良いです。


  4.Coreinfoの実行

    「コマンドプロンプト」を起動し、展開したフォルダー内の「Coreinfo」を「コマンドプロンプト」にドラッグ&ドロップします。

    ドラッグ&ドロップしたら、「エンター」キーを押して「Coreinfo」を実行します。


  5.Coreinfoの実行結果

    以下のようにCPUの情報が表示されるので、「PAE」の行を見ます。


    上記の赤枠のように表示されればPAEに対応しています。

PAE             *       Supports > 32-bit physical addresses

    以下の用に表示されれば、PAEに対応していません。

PAE             -       Supports > 32-bit physical addresses


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション