kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

アレイを作成する環境について

  ここでは例として「RAID 6」アレイを作成します。


  アレイを構成する物理ボリュームは以下のようになっています。

  アレイはパーティションを使用し、最大5つのパーティションで作成します。
  各パーティションのサイズは、「100MiB」です。
  詳細は以下のようになっています。

  /dev/sdd5


  /dev/sde5



  /dev/sdf5



  /dev/sdg5



  /dev/sdh5



RAID 6アレイを作成する基本的なコマンドの例

  「RAID 6」アレイを作成します。

  1.コマンドの実行

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

    ここでは、4つのパーティション「/dev/sdd5」、「/dev/sde5」、「/dev/sdf5」、「/dev/sdg5」から「RAID 6」アレイを作成します。
    各オプションの意味は、「RAID 6アレイを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

sudo mdadm --create /dev/md/RAID6Array --level=raid6 --raid-devices=4 --chunk=128 --verbose /dev/sdd5 /dev/sde5 /dev/sdf5 /dev/sdg5

  2.アレイの作成確認

    アレイを構成する物理ボリューム(パーティション)には、すでにファイルシステムが存在していると表示されます。
    また、パーティションのサイズが表示されます。


    問題なければ「y」キーを押し、「エンター」キーを押します。
    中止したい場合は「n」キーを押し、「エンター」キーを押します。

  3.アレイの作成完了

    以下のように、作成結果が表示されます。


    結果から以下のことが分かります。


    アレイは開始しているので、すぐに利用することができます。
    以上で完了です。
 

アレイの確認

  作成したアレイの確認を行います。
  「ディスク」が「mdadm」に対応しているので、「ディスク」で確認を行います。

  1.アレイの確認

    「ディスク」を起動すると、以下のように作成したアレイが表示されます。
    「RAID レベル」にアレイの種類や物理ボリュームの数が表示されます。


  2.物理ボリュームの確認

    「RAID ディスク」画面を表示すると、アレイを構成する物理ボリュームの一覧が表示されます。


  3.論理ボリュームのフォーマット

    論理ボリュームは未フォーマットの状態なので、アプリから論理ボリュームを利用できるようにするには、通常のHDD同様にフォーマットを行う必要があります。

    フォーマットの手順は通常のHDDと同じなため、省略します。


  4.Nautilusからアクセス

    Nautilusからアクセスします。
    使い方は通常のボリューム(パーティション)と同じです。

    サイドバーに作成したボリューム(パーティション)が表示されるので、クリックしてボリュームをマウントします。


    これでファイルをコピーするなど、論理ボリュームを利用できるようになります。

論理ボリュームの確認

  次はコマンドで論理ボリュームの情報を確認します。
  以下のようになります。

ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --detail /dev/md/RAID6Array
/dev/md/RAID6Array:
        Version : 1.2
  Creation Time : Sun Mar 23 14:13:17 2014
     Raid Level : raid6
     Array Size : 204544 (199.78 MiB 209.45 MB)
  Used Dev Size : 102272 (99.89 MiB 104.73 MB)
   Raid Devices : 4
  Total Devices : 4
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Sun Mar 23 14:15:38 2014
          State : clean
 Active Devices : 4
Working Devices : 4
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 128K

           Name : vb-ubuntu1310:RAID6Array  (local to host vb-ubuntu1310)
           UUID : de6be445:12654ba2:48317c8d:4f81e433
         Events : 17

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8       53        0      active sync   /dev/sdd5
       1       8       69        1      active sync   /dev/sde5
       2       8       85        2      active sync   /dev/sdf5
       3       8      101        3      active sync   /dev/sdg5

物理ボリュームの確認

  最後に物理ボリュームの情報を確認します。  以下のようになります。

  sdd5


ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --examine /dev/sdd5
/dev/sdd5:
          Magic : a92b4efc
        Version : 1.2
    Feature Map : 0x0
     Array UUID : de6be445:12654ba2:48317c8d:4f81e433
           Name : vb-ubuntu1310:RAID6Array  (local to host vb-ubuntu1310)
  Creation Time : Sun Mar 23 14:13:17 2014
     Raid Level : raid6
   Raid Devices : 4

 Avail Dev Size : 204672 (99.95 MiB 104.79 MB)
     Array Size : 204544 (199.78 MiB 209.45 MB)
  Used Dev Size : 204544 (99.89 MiB 104.73 MB)
    Data Offset : 128 sectors
   Super Offset : 8 sectors
          State : clean
    Device UUID : 75e9fc44:ae5f8508:1b305aa3:56be33d9

    Update Time : Sun Mar 23 14:20:39 2014
       Checksum : d9ae2153 - correct
         Events : 17

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 128K

   Device Role : Active device 0
   Array State : AAAA ('A' == active, '.' == missing)

  sde5


ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --examine /dev/sde5
/dev/sde5:
          Magic : a92b4efc
        Version : 1.2
    Feature Map : 0x0
     Array UUID : de6be445:12654ba2:48317c8d:4f81e433
           Name : vb-ubuntu1310:RAID6Array  (local to host vb-ubuntu1310)
  Creation Time : Sun Mar 23 14:13:17 2014
     Raid Level : raid6
   Raid Devices : 4

 Avail Dev Size : 204672 (99.95 MiB 104.79 MB)
     Array Size : 204544 (199.78 MiB 209.45 MB)
  Used Dev Size : 204544 (99.89 MiB 104.73 MB)
    Data Offset : 128 sectors
   Super Offset : 8 sectors
          State : clean
    Device UUID : 6bdb5876:42c2142c:d5e7b6c2:b07c6ccb

    Update Time : Sun Mar 23 14:20:39 2014
       Checksum : 402eebf3 - correct
         Events : 17

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 128K

   Device Role : Active device 1
   Array State : AAAA ('A' == active, '.' == missing)

  sdf5


ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --examine /dev/sdf5
/dev/sdf5:
          Magic : a92b4efc
        Version : 1.2
    Feature Map : 0x0
     Array UUID : de6be445:12654ba2:48317c8d:4f81e433
           Name : vb-ubuntu1310:RAID6Array  (local to host vb-ubuntu1310)
  Creation Time : Sun Mar 23 14:13:17 2014
     Raid Level : raid6
   Raid Devices : 4

 Avail Dev Size : 204672 (99.95 MiB 104.79 MB)
     Array Size : 204544 (199.78 MiB 209.45 MB)
  Used Dev Size : 204544 (99.89 MiB 104.73 MB)
    Data Offset : 128 sectors
   Super Offset : 8 sectors
          State : clean
    Device UUID : 1b617928:507ef2aa:91450102:679c6c3c

    Update Time : Sun Mar 23 14:20:39 2014
       Checksum : 2177ab24 - correct
         Events : 17

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 128K

   Device Role : Active device 2
   Array State : AAAA ('A' == active, '.' == missing)

  sdg5


ubuntu@vb-ubuntu1310:~$ sudo mdadm --examine /dev/sdg5
/dev/sdg5:
          Magic : a92b4efc
        Version : 1.2
    Feature Map : 0x0
     Array UUID : de6be445:12654ba2:48317c8d:4f81e433
           Name : vb-ubuntu1310:RAID6Array  (local to host vb-ubuntu1310)
  Creation Time : Sun Mar 23 14:13:17 2014
     Raid Level : raid6
   Raid Devices : 4

 Avail Dev Size : 204672 (99.95 MiB 104.79 MB)
     Array Size : 204544 (199.78 MiB 209.45 MB)
  Used Dev Size : 204544 (99.89 MiB 104.73 MB)
    Data Offset : 128 sectors
   Super Offset : 8 sectors
          State : clean
    Device UUID : cea83dcb:da7da25c:95dfdf08:162770a3

    Update Time : Sun Mar 23 14:20:39 2014
       Checksum : e3ce1715 - correct
         Events : 17

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 128K

   Device Role : Active device 3
   Array State : AAAA ('A' == active, '.' == missing)



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション