kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ctrl + Spaceで入力メソッドがオンにならない

  他のアプリとショートカットキーが重複している場合、「Ctrl + スペース」キーで入力メソッドのオン・オフを切り換えることができなくなります。

  「Ctrl + スペース」キーが反応しない場合、他のアプリとショートカットキーと重複していないか調べ、「Ctrl + スペース」キーを利用しているアプリの設定を変更するか、「Fcitx」の設定を変更する必要があります。

  補足

    「Fcitx」では、入力メソッドのオン・オフの切り換えのショートカットキーに、「Ctrl + スペース」キーと「全角/半角」キーを割り当てています。

    日本語キーボードを利用している人は、従来の操作方法と同様に「全角/半角」キーで入力メソッドのオン・オフを切り換えることができます。


IBusのショートカットキーの確認と修正

  「Fcitx」で「Ctrl + スペース」キーが利用できるようにします。

  1.ショートカットキーの確認

    「Mozcセットアップヘルパー」でIBusのショートカットキーを変更している場合、ソース切り替えのショートカットキーが以下のように変更されます。

    「システム設定」から「テキスト入力」を開くと、以下のように入力ソース切り替えのショートカットキーが確認できます。


    「次のソースへ切り替え」のショートカットキーが「Ctrl + スペース」キーに設定されています。
    この設定により、「Fcitx」で「Ctrl + スペース」キーによる入力メソッドのオン・オフができなくなっています。

    もしここの設定が「Ctrl + スペース」キーではない場合、別の原因を考えたほうが良いでしょう。

  2.ショートカットキーを変更する

    ショートカットキーが「IBus」と「Fcitx」で重複しているため、どちらかのショートカットキーを変更する必要があります。

    「Fcitx」で「Ctrl + スペース」キーが利用できるようにするため、以下のように 「次のソースへ切り替え」のショートカットキーを「Super+Space」に変更します。


    「前のソースへ切り替え」のショートカットキーはここでは変更しませんが、必要に応じて変更してください。

  3.動作確認

    最後に「Fcitx」で「Ctrl + スペース」キーが利用できるか確認します。
    以下のように入力メソッドのオン・オフが切り換えられればOKです。


ショートカットキーの一覧を見る

  「システム設定」の「ショートカット」から各ショートカットキーが確認できます。
  以下はテキスト入力に関係するショートカットキーの一覧を表示しています。


  ただし、すべてのショートカットキーが表示されるわけではありません。
  アプリで設定したショートカットキーは、そのアプリで設定を確認する必要があります。

  例えばクリップボードの履歴を管理するようなアプリは、履歴を現在のウィンドウに貼り付けるショートカットキーを設定することができます。

  もし「Fcitx」で「Ctrl + スペース」キーが利用できない場合、これらのショートカットキーと重複していないか確認する必要があります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション