kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

おすすめの修復(ブートメニュー)

  「おすすめの修復」でブートメニューの構成が変わっています。
  ここではブートメニューの内容を見てみます。


UEFIのブートマネージャー

  その前にUEFIに登録されたブートマネージャーがどうなっているか見てみます。


  右側の「Device Path」に「ubuntu」のOSローダーの情報が表示されています。

  これはNautilusで見ると、「sdb2」の「shimx64.efi」であることが分かります。


  grubx64.efi

    セキュアブートが無効になっている環境で「GRUB2」を起動するOSローダーです。

  shimx64.efi

    セキュアブートが有効になっている環境で「GRUB2」を起動するOSローダーです。
    セキュアブートが無効になっている環境で利用することもできます。

    UEFIのブートマネージャーには、こちらが登録されています。

  MokManager.efi

    MOK(Machine Owner Key)を操作するソフトウェアです。
    通常利用することはないので、省略します。

1.Ubuntu

  「sda2」のUbuntu 13.10を起動する項目です。

  項目の内容

    この項目の中身は以下のようになっています。

recordfail
load_video
gfxmode $linux_gfx_mode
insmod gzio
insmod part_gpt
insmod ext2
set root='hd0,gpt2'
if [ x$feature_platform_search_hint = xy ]; then
  search --no-floppy --fs-uuid --set=root --hint-bios=hd0,gpt2 --hint-efi=hd0,gpt2 --hint-baremetal=ahci0,gpt2  8b339e78-e2c4-4190-a388-cf2cf1658a84
else
  search --no-floppy --fs-uuid --set=root 8b339e78-e2c4-4190-a388-cf2cf1658a84
fi
linux    /boot/vmlinuz-3.11.0-14-generic.efi.signed root=UUID=8b339e78-e2c4-4190-a388-cf2cf1658a84 ro   quiet splash $vt_handoff
initrd    /boot/initrd.img-3.11.0-14-generic

    これは修正前と同じです。

2.Advanced options for Ubuntu

  「sda2」のUbuntu 13.10のリカバリー用のサブメニューです。
  修正前と同じです。
  中身は省略します。

3.Windows UEFI bkpbootmgfw.efi

  「sdb2」にあるWindows 8のブートマネージャーである「bkpbootmgfw.efi」を起動する項目です。

  項目の内容

    この項目の中身は以下のようになっています。

search --fs-uuid --no-floppy --set=root 0830-AB95
chainloader (${root})/EFI/Microsoft/Boot/bkpbootmgfw.efi

    本来のWindows 8のブートマネージャーのファイル名は「bootmgfw.efi」なのですが、「bootmgfw.efi」は「GRUB2」のOSローダーに差し替えたため、ファイル名が「bkpbootmgfw.efi」に変更されています。

    従ってWindows 8を起動したい場合は、この項目を選択する必要があります。

  OSローダーの場所

    Nautilusでみると、「bkpbootmgfw.efi」は「/boot/efi/EFI/Microsoft/Boot」フォルダーにあります。


  Windows 8の起動

    この項目を選択すれば、以下のようにWindows 8が起動します。


  25_custom

    この項目は、後述の「25_custom」により追加された項目です。

4.Windows Boot UEFI loader

  「sdb2」にあるWindows 8のブートマネージャーである「bkpbootx64.efi」を起動する項目です。

  項目の内容

    この項目の中身は以下のようになっています。

search --fs-uuid --no-floppy --set=root 0830-AB95
chainloader (${root})/EFI/Boot/bkpbootx64.efi

  本来のWindows 8のブートマネージャーのファイル名は「bootx64.efi」なのですが、「bootx64.efi」は「GRUB2」のOSローダーに差し替えたため、ファイル名が「bkpbootx64.efi」に変更されています。

  従ってWindows 8を起動したい場合は、この項目を選択する必要があります。

  OSローダーの場所

    Nautilusでみると、「bkpbootx64.efi」は「/boot/efi/EFI/Boot」フォルダーにあります。


  Windows 8の起動

    この項目を選択すれば、以下のようにWindows 8が起動します。


  25_custom

    この項目は、後述の「25_custom」により追加された項目です。

5.EFI/ubuntu/MokManager.efi

  「sdb2」にあるMOK(Machine Owner Key)を操作する「MokManager.efi」を起動する項目です。
  この項目の中身は以下のようになっています。

search --fs-uuid --no-floppy --set=root 0830-AB95
chainloader (${root})/EFI/ubuntu/MokManager.efi

  通常MOKの操作は必要ないため、省略します。

  MokManagerの場所

    Nautilusでみると、MokManagerは「/boot/efi/EFI/ubuntu」フォルダーにあります。


  25_custom

    この項目は、後述の「25_custom」により追加された項目です。

6.Windows UEFI bkpbootmgfw.efi sda1

  「sda1」にあるWindows 8のブートマネージャーである「bkpbootmgfw.efi」を起動する項目です。
  この項目の中身は以下のようになっています。

search --fs-uuid --no-floppy --set=root 6680-B808
chainloader (${root})/EFI/Microsoft/Boot/bkpbootmgfw.efi

  しかし以下のように「sda1」に「bkpbootmgfw.efi」は存在しません。
  そもそも「Microsoft」フォルダーすらありません。

 
  従ってこの項目を選択しても以下のようにエラーが表示され、Windows 8は起動できません。


  25_custom

    この項目は、後述の「25_custom」により追加された項目です。

7.Windows Boot UEFI loader sda1

  「sda1」にあるWindows 8のブートマネージャーである「bkpbootx64.efi」を起動する項目です。
  この項目の中身は以下のようになっています。

search --fs-uuid --no-floppy --set=root 6680-B808
chainloader (${root})/EFI/Boot/bkpbootx64.efi

  しかし以下のように「sda1」に「bkpbootx64.efi」は存在しません。
  そもそも「Boot」フォルダーすらありません。


  従ってこの項目を選択しても以下のようにエラーが表示され、Windows 8は起動できません。


  25_custom

    この項目は、後述の「25_custom」により追加された項目です。

8.EFI/ubuntu/MokManager.efi sda1

  「sda1」にあるMOK(Machine Owner Key)を操作する「MokManager.efi」を起動する項目です。
  この項目の中身は以下のようになっています。

search --fs-uuid --no-floppy --set=root 6680-B808
chainloader (${root})/EFI/ubuntu/MokManager.efi

  通常MOKの操作は必要ないため、省略します。

  MokManagerの場所

    Nautilusでみると、MokManagerはマウントした「sda1」の「/EFI/ubuntu」フォルダーにあります。


    しかし修復時に「GRUB2」は「sdb2」に対してインストールを行っているため、こちらのMokManagerを直接利用することはないでしょう。

   25_custom

    この項目は、後述の「25_custom」により追加された項目です。

9.Windows Boot Manager (UEFI on /dev/sdb2)

  「sdb2」にある「bootmgfw.efi」を起動する項目です。
  この項目の中身は以下のようになっています。

insmod part_gpt
insmod fat
set root='hd1,gpt2'
if [ x$feature_platform_search_hint = xy ]; then
  search --no-floppy --fs-uuid --set=root --hint-bios=hd1,gpt2 --hint-efi=hd1,gpt2 --hint-baremetal=ahci1,gpt2  0830-AB95
else
  search --no-floppy --fs-uuid --set=root 0830-AB95
fi
chainloader /EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi

  OSローダーの場所

    Nautilusでみると、「bootmgfw.efi」は「/boot/efi/EFI/Microsoft/Boot」フォルダーにあります。


  GRUB2が起動する

    このOSローダーは「GRUB2」のOSローダーに置き換わっているため、この項目を選択すると「GRUB2」が起動します。


10.Ubuntu 13.04 (13.04)

  「sdb5」のUbuntu 13.04を起動する項目です。

  項目の内容

    この項目の中身は以下のようになっています。

insmod part_gpt
insmod ext2
set root='hd1,gpt5'
if [ x$feature_platform_search_hint = xy ]; then
  search --no-floppy --fs-uuid --set=root --hint-bios=hd1,gpt5 --hint-efi=hd1,gpt5 --hint-baremetal=ahci1,gpt5  d7e49572-7b06-40fc-9e54-19b4ba5ffc8f
else
  search --no-floppy --fs-uuid --set=root d7e49572-7b06-40fc-9e54-19b4ba5ffc8f
fi
linux /boot/vmlinuz-3.8.0-31-generic root=UUID=d7e49572-7b06-40fc-9e54-19b4ba5ffc8f ro
initrd /boot/initrd.img-3.8.0-31-generic

    これは修正前と同じです。

11.Advanced options for Ubuntu 13.04 (13.04)

  「sdb5」のUbuntu 13.04のリカバリー用のサブメニューです。

  修正前と同じです。
  中身は省略します。

25_customについて

  上記で紹介したブートメニューの「2.」から「8.」の項目は、「/etc/grub.d/25_custom」ファイルに記述されています。


  テキストエディターで開くと、以下のようにメニューエントリーが記述されています。


  上記で紹介したブートメニューの「5.」から「8.」の項目は、あっても利用しない、あるいは利用できない項目なので、不必要なら「/etc/grub.d/25_custom」ファイルの該当する記述を削除すると良いでしょう。

  このファイルを変更したら以下のコマンドを実行して、ブートメニューを再構築します。

sudo update-grub


  ファイルの編集が難しければ、「Grub Customizer」から該当するエントリーを削除すると良いでしょう。


関連記事一覧
オプション