kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

一時的な共有フォルダー

  「VirtualBox」は仮想マシンが起動中でも共有フォルダーを作成することが出来ます。
  仮想マシン起動中に共有フォルダーの設定画面を開くと、以下のように「一時的な共有フォルダー」という項目が追加されます。


  以下のように「一時的な共有フォルダー」内の共有フォルダーは、仮想マシンが起動している間のみ有効な共有フォルダーになります。


  仮想マシンを終了させると、「一時的な共有フォルダー」内の共有フォルダーの設定は全て削除されます。

  削除されるのは共有フォルダーの設定のみで、ホストOSで共有フォルダーに指定したフォルダーは削除されません。

共有フォルダーの設定の永続化

  仮想マシン起動前に作成した共有フォルダーも含め仮想マシン起動中は、共有フォルダーの設定に「永続化する」オプションが追加されます。


  チェックをオンにすると、仮想マシンを終了させても共有フォルダーの設定は削除されません。
  また共有フォルダーは「共有フォルダー」の一覧に表示されます。

  チェックをオフにすると、一時的な共有フォルダーになり、仮想マシンを終了させると共有フォルダーの設定が削除されます。
  一時的な共有フォルダーは「一時的な共有フォルダー」の一覧に表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション