kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ゲストOSで共有フォルダーを利用する

  VirtualBoxで共有フォルダーの設定を行った場合、ゲストOSでその共有フォルダーを利用することができます。
  ただし事前に「Guest Addtions」をインストールしておく必要があります。

  共有フォルダーの「自動マウント」を有効にした場合と無効にした場合で、共有フォルダーの利用方法が少し異なります。

自動マウント有効

  「自動マウント」を有効にした場合です。

  マウントされる場所

    「自動マウント」を有効にした場合、「/media」フォルダー以下に共有フォルダーがマウントされます。
    フォルダー名は、「sf_共有フォルダー名」になります。


    フォルダー内にアクセスすれば、通常のフォルダーのように共有フォルダーを利用することができます。


  アクセス権がない場合

    マウントされた共有フォルダーにアクセスしようとして、以下のエラーが表示された場合、アクセス権の確認を行う必要があります。


  共有フォルダーのアクセス権

    マウントされた共有フォルダーのアクセス権は以下のようになっています。


    「root」でアクセスする方法もありますが、それでは利便性が良くないです。
    この共有フォルダーを利用するユーザーを「vboxsf」グループに属させることで、共有フォルダーにアクセスできるようにします。

ユーザーをvboxsfグループに追加する

  上記の対応を行うため、ここではゲストOSのユーザーを「vboxsf」グループに追加します。
  「GNOME System Tools」を利用して作業を行います。

  1.グループ管理画面の表示

     「GNOME System Tools」を起動し、「グループの管理」ボタンをクリックします。


  2.グループの設定画面の表示

    以下の画面が表示されるので、グループの一覧から「vboxsf」グループを探し選択します。
    グループはアルファベット順に並んでいます。
 
    「vboxsf」グループを選択したら、「プロパティ」ボタンをクリックします。


  3.グループに属するメンバーの変更

    以下の画面が表示されるので、「グループのメンバ」一覧から共有フォルダーにアクセスするユーザーにチェックを入れます。


    以下のようになればOKです。


    「OK」ボタンをクリックし、「GNOME System Tools」を終了します。
    その後仮想マシンを再起動します。

    以上で完了です。

自動マウント無効

  自動マウントを無効にした場合です。
  自動マウントを無効にした場合、自分で共有フォルダーをマウントする必要があります。

  予め共有フォルダー名と、マウントするフォルダーの作成や確認を行っておいてください。
  ここでは例として、「/mnt」に共有フォルダーをマウントします。

  1.マウント

    「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

      sudo mount -t vboxsf 共有フォルダー名 マウント先フォルダーのパス


  2.マウント完了

    以下のように共有フォルダーがマウントされ、利用できるようになります。


    マウント先フォルダーのアクセス権は、自分で設定してください。
    所有者やグループは以下のオプションで指定できます。

      sudo mount -t vboxsf -o uid=ユーザーID,gid=グループID 共有フォルダー名 マウント先フォルダーのパス


    上記で紹介した「vboxsf」グループとは無関係です。


関連記事一覧
オプション