kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

フォルダーの共有

  UbuntuはSamba(Windows共有)でフォルダーをネットワーク上に公開することができます。


  Sambaサーバーのパッケージは標準ではインストールされていないため、先にSambaサーバーのパッケージをインストールする必要があります。
  手順は後述します。

  Sambaでフォルダーを公開するということは、Ubuntu(他のフレーバー含む)・Windows・Mac OS Xからアクセスできるという事になります。

共有オプションの表示

  共有オプション画面からSambaサーバーパッケージのインストールや、共有設定を行います。
  共有オプション画面は、直接開く方法とプロパティー画面から開く方法があります。

  内容や機能はどちらも同じです。

  「公開」フォルダーについて

    Ubuntuでは標準で「公開」フォルダーが用意されていています。
    このフォルダーを共有フォルダーとして利用するとよいでしょう。


  1.共有オプションの表示

    直接開く方法です。
    共有したいフォルダーを右クリックして、「共有のオプション」をクリックします。


  2.共有オプション

    以下の画面が表示されます。


  1.プロパティー画面の表示

    プロパティー画面から共有のオプションを開く方法です。


  2.共有オプション

    以下の画面が表示されます。


共有オプションのUI構成

  共有オプションのUI構成です。


  このフォルダーを共有する

    チェックをオンにすると、このフォルダーを共有します。
    Sambaサーバーのパッケージがインストールされていない場合は、インストールが促されます。
    下記の「Sambaのインストール」を参考にしてください。

  共有名

    他のPCからこのフォルダーを参照するときに見える名前です。
    フォルダー名とは異なる名前を指定できます。

  コメント

    共有フォルダーの説明を入力します。
    他のPCからこのフォルダーを参照するときに、ここで入力した内容が表示されます。
    任意です。

 このフォルダー内でのファイルの作成・削除を他のユーザーに許可する

    ファイルの作成や削除を他のユーザー(ゲスト等)に許可します。
    このチェックをオンにすると、このフォルダーの「グループ」と「その他」のアクセス権に、書き込み権限(w)が付与されます。

  ゲストによるアクセス

    ユーザー名やパスワードを入力しなくても、このフォルダーにアクセスできるようにします。
    このチェックをオンにすると、このフォルダーの「グループ」と「その他」のアクセス権に、読み込み権限(r)が付与されます。

  「共有を作成」・「共有を変更」ボタン

    設定した内容を反映します。

  アクセス権の設定について

    共有オプションで指定したオプションによっては、フォルダーのアクセス権を変更する必要があります。
    その場合以下のような画面が表示されるので、「自動的にアクセス権を付与する」ボタンをクリックします。


    フォルダーのアクセス権を確認すると、以下のように変更されます。


  共有フォルダーのアイコンについて

    共有したフォルダーは以下のように矢印アイコンが表示されます。


Sambaのインストール

  「このフォルダーを共有する」チェックオン時にSambaサーバーのパッケージのインストールが必要な場合、以下のようにインストールが促されます。

  事前に「Synaptic」や「Ubuntuソフトウェアセンター」、「ソフトウェアの更新」等のアプリは終了しておいてください。
  またインターネットへの接続が必要です。

  1.インストールの確認

    以下の画面が表示されるので、「サービスのインストール」ボタンをクリックします。


  2.パッケージの表示

     次に以下の画面が表示されるので、「インストール」ボタンをクリックして「samba」パッケージをインストールします。


  3.パスワードの入力

    rootで処理を行う必要があるため、パスワードの入力を行います。
    他にも何回かこの画面が表示されることがあります。


  4.追加パッケージの確認

     以下の画面が表示されるので、「インストール」ボタンをクリックして「libpam-smbpass」パッケージをインストールします。
   

    このパッケージは、UbuntuのユーザーアカウントとSambaのユーザーアカウントを結びつけるものです。
    従って他のPCがこのPCの共有フォルダーにアクセスする場合は、このPCのユーザーアカウントとそのパスワードを入力することになります。

  5.インストール

    Sambaがインストールされるので、しばらく待ちます。


  6.セッションの再起動

    インストールが完了すると、以下の画面が表示されます。
    「セッションを再起動」ボタンをクリックして完了です。


関連記事一覧
オプション