kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

アプリのインストール先

  全ユーザーで共通して利用するアプリのインストール先候補には、以下の4つがあります。

  • /bin・/sbin
  • /usr
  • /usr/local
  • /opt

  必ずルールに従ってこれらのフォルダーにインストールしなければならない、という事はありませんが、煩雑になるのを避けるためにもこのルールを参考にするとよいでしょう。
 

  /bin・/sbin・/usr

    似たようなものなので纏めます。
    パッケージ管理システムの対象となるアプリのインストール先です。
    ユーザーがこれらのフォルダーを直接指定してインストールすることはありません。


    自分でダウンロードしてきたdebパッケージも同様に直接指定することはありません。
    そもそもパッケージのインストールは、インストール先選択画面が表示されませんしね。

  /usr/local

    「/usr」のローカル版です。
    「/usr」フォルダーと同じフォルダー構造を持ちます。


    パッケージ管理システムの対象外となるアプリのインストール先です。
    アプリ自身がインストーラーを持つ場合や、自分で作成したアプリのインストール先として利用できます。   
    ただ、一部パッケージの中には、このフォルダーを指定するものもあります。

    このフォルダーはパスが通っているので、端末からパスを指定せずコマンド等を実行することができます。
    主にコマンドなど単発ファイルで実行可能なアプリをインストールするとよいでしょう。

    アプリが巨大で多くのファイルをインストールする場合、「/opt」の方が収まりが良いです。
    アプリ自身を「/opt」にインストールし、アプリのソフトリンクを「/usr/local/bin」に置くような使い方もありです。

  /opt

    主にサードパーティー製アプリのインストール先です。


    Google ChromeやAdobe Readerなどが含まれます。
    このフォルダーにはパスが通っていないため、GUIアプリをインストールすることがほとんどでしょう。
    自分で作成したアプリをインストールしてもOKです。

  自分専用のアプリをインストールする場合

    自分のホームフォルダー以下の任意のフォルダーにインストールします。
    ただしシステムに関わるようなアプリは、ホームフォルダー以下にインストールすることは殆ど無いでしょう。

パスについて

  Ubuntuではデフォルトで以下のフォルダーにパスが通っています。

  • /usr/lib/lightdm/lightdm
  • /usr/local/sbin
  • /usr/local/bin
  • /usr/sbin
  • /usr/bin
  • /sbin 
  • /bin
  • /usr/games
  • /usr/local/games

  またこの順番でアプリの検索が行われます。

  端末からコマンドを利用する場合パスが通っていないと、パス付きで実行するコマンドを指定する必要があります。

  このパスも踏まえてアプリのインストール先を検討すると良いでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション