kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

パーティションのUUIDの変更

  パーティションのUUIDは、パーティションを一意に識別するための識別子です。
  GPartedではこのUUIDを新しく生成したUUIDに変更することができます。

  ただしこの機能が利用できるバージョンは、0.12.0以降です。
  0.12.1がUbuntu 12.10で採用されています。

  Ubuntu 12.04では現状0.11.0が最新版になっており、この機能は利用できません。

  注意事項1

    UUIDを変更するパーティションはアンマウントしておいてください。

  注意事項2

    他のディスク管理アプリは終了しておいてください。
    エラーの原因になります。

  注意事項3

    OSが利用するパーティションのUUIDを変更すると、OSが起動できなくなります。
    不用意に変更しないでください。

  注意事項4

    WindowsがインストールされているパーティションのUUIDを変更すると、
    Windowsのアクティベーションに引っかかり、
    再アクティベーションが必要になる可能性があります。

  1.パーティションの選択

    UUIDを変更したいパーティションを選択します。


    パーティションのUUIDを確認すると以下のようになっています。


  2.新しいUUIDの選択

    右クリックで表示されるメニューから「New UUID」を選択します。 


  3.新しいUUID操作の追加

    以下のように新しいUUIDをパーティションに適用する操作が追加されます。


    操作を適用します。

  4.新しいUUIDの適用処理

     新しいUUIDをパーティションに適用する処理が実行されます。


   5.適用完了

     操作が完了したら、パーティションのUUIDを確認します。


    UUIDが変更されています。


関連記事一覧
オプション