kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

一時的なスワップのオン/オフ

  通常はインストール時にスワップパーティションを作成し、スワップを有効します。

  ライブメディアでUbuntuを起動した場合

    ライブメディアでUbuntuを起動すると、
    既存のスワップパーティションがスワップに利用されます。

    スワップパーティションのあるデバイス全体をフォーマットする際に、
    スワップパーティションがマウントされてしまうとフォーマットできなくなってしまいます。

    GPartedではこのスワップ機能を一時的に有効や無効することができます。
    もし上記のような場合、別のスワップパーティションを指定したり無効にすることで、
    スワップパーティションをアンマウントできます。

  一時的

    一時的に有効/無効にするだけなので、PCを再起動すればもとに戻ります。

  注意事項

    メモリの搭載容量が少ないPCでスワップを無効にすると、メモリ不足に陥ることがあります。

    もし別のスワップパーティションにスワップを指定する場合は、
    別のスワップパーティションでのスワップを有効にしてから、
    元のスワップパーティションを無効にします。
  

スワップパーティションの無効化

  スワップに使われているパーティションを無効にして、アンマウントします。
  

  1.スワップパーティションの選択

    無効にしたいスワップパーティションを選択します。


    現状sda5がスワップパーティションに設定されています。
    また鍵マークがついており、スワップに利用されています。

    サイズは4GiBでシステムモニターにも認識されています。


    今回はこれを無効化してみます。

  2.スワップの無効化

    右クリックで表示されるメニューから「スワップを無効化」を選択します。


  3.無効化完了

    以下のようにスワップパーティションがアンマウントされ、鍵マークが外れます。


    システムモニターを見ると、「利用できません」と表示されています。


スワップパーティションの有効化

  作成した既存のスワップパーティションをスワップで利用できるようにします。

  1.スワップパーティションの選択

    スワップに利用するスワップパーティションを選択します。


  2.スワップの有効化


    右クリックで表示されるメニューから「スワップを有効化」を選択します。


  3.有効化完了

    以下のようにスワップパーティションがマウントされ、鍵マークがつきます。

  
    このスワップパーティションのサイズは100GiBです。
    システムモニターで見ると、100GiBのスワップが有効になっています。


複数のスワップパーティションの有効化

  スワップパーティションを複数作成し、
  複数のスワップパーティションをスワップに利用することができます。
  手順は上記と同じです。

  例えば以下のように4GiBと100GiBのスワップパーティションを有効化してみます。

  sda5


  sdc1


  システムモニターで見ると、104GiBのスワップが有効になっています。


関連記事一覧
オプション