kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ファイルシステムのパーティションフラグ

  各パーティションには、パーティションの属性を設定することができます。
  いわゆるフラグなのですが、それらの属性はディスク管理アプリやOSに影響を与えます。

  注意事項1

    フラグを変更するパーティションはアンマウントしておいてください。

  注意事項2

    他のディスク管理アプリは終了しておいてください。
    エラーの原因になります。

  注意事項3

    不用意にパーティションのフラグを変更しないでください。
    OSが起動しなくなったりNautilusからパーティションが見えなくなったりします。

    基本的に変更する必要はありません。
    良くわからない場合は変更しないでください。

  注意事項4

    この操作は即座に反映されます。
    保留されません。

  1.パーティションの選択

    フラグを変更したいパーティションを選択します。


    今回は「hidden」フラグをつけてみます。

  2.フラグの設定

    パーティションのフラグを設定します。


    チェックボックスをオン・オフしただけで即座に設定がパーティションに反映されます。
    各フラグの意味は「2.4.12 set」を参考にしてください。

  3.設定の確認

    フラグの列に設定したフラグが表示されているか確認します。



関連記事一覧
オプション