kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Clonezilla

  ClonezillaはHDDやパーティションの丸ごとバックアップや、
  コピーができるバックアップソフトです。

  Clonezilla自体はLinux OSになっており、CDやUSBメモリ等から起動して利用します。

  以前Déjà Dupによるバックアップを紹介しましたが、
  Déjà DupはユーザーレベルのバックアップなのでOS全体のバックアップには不向きです。

  Ubuntuを新しいバージョンにアップグレードする際は、
  既存のUbuntuを丸ごとバックアップしておくとよいでしょう。

  また余ったHDDに既存のUbuntuをコピーすることで、
  そのHDDからUbuntu起動するなどクローンも可能です。

2種類のClonezilla

  Clonezillaには、DebianベースのClonezillaとUbuntuベースのClonezillaがあります。

  Ubuntuベースの方がハードウェアのサポート範囲が広いため、
  UbuntuベースのClonezillaをおすすめします。

  違いについては以下を参考にして下さい。

  Why stable and testing Clonezilla live are based on Debian, but alternative one is based on Ubuntu ?

Clonezillaのダウンロード

  Clonezillaのサイトにアクセスし、左側のリストから「Downloads」をクリックします。

  1.ベースの選択 

    ダウンロードするClonezillaを選択します。


    「stable」が安定版で「testing」がテスト版です。

    「stable releases (.iso/.zip)」がDebianベースのClonezillaです。
    「alternative stable releases (.iso/.zip)」がUbuntuベースのClonezillaです。

    今回はUbuntuベースのClonezillaを利用します。
    「alternative stable releases (.iso/.zip)」をクリックします。

    「precise」と書かれている通り、Ubuntu 12.04がベースになっています。

  2.ダウンロード

    以下の画面が表示されます。


     「20120620-precise」をクリックします。
      以下の画面が表示されます。


    zipとisoがありますが、どちらを選んでも同じです。

    後はISOディスクイメージからCDを作成すれば、ライブCDができます。
    またUNetbootinを利用すると、USB起動ディスクを作成することができます。


関連記事一覧
オプション