kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Guest Additions

  Ubuntuをインストールしたら、Guest AdditionsをゲストOSにインストールします。

  Guest Additionsをインストールすることで、
  動的な解像度の変更やシームレスなマウスの移動など使い勝手が増します。

  事前にアップデートマネージャーを起動して、Ubuntuを最新の状態にします。
  ゲストOSだけでなく、ホストOSも最新の状態にしておくとよいでしょう。

  また、アップデートでシステム関係(特にLinuxカーネル)がアップデートされた場合は、
  PCやVirtualBoxのゲストOSを再起動してから作業を行います。

事前準備 

  いずれもゲストOSで作業します。

  1.Generic Linux kernel headersのインストール

    Ubuntuソフトウェアセンターから「linux-headers-generic」で検索します。


    注意:
      Ubuntu 12.04 32bit版をインストールした場合や、
      pae対応Linux Kernelを利用している場合は、pae版パッケージをインストールします。

  2.Build-essentialなパッケージ

    Ubuntuソフトウェアセンターから「build-essential」で検索します。


  もしパッケージが見つからない場合は、「Synaptic」で検索すると良いでしょう。
 

Guest Additionsのインストール

  Guest Additionsのインストールです。

  1.Guest Additions CDをマウントする

    VirtualBoxのデバイスメニューから「Guest Additionsのインストール」をクリックします。


  2.オートランによるインストール

    オートランが有効になっている場合、以下の画面が表示されます。


    「Ask what to do」をクリックすると以下のメニューが表示されるので、
    「オートランの問い合わせ」を選択します。


    次に以下の画面が表示されるので、「実行する」ボタンをクリックします。


  3.手動でインストール

    仮想CD/DVDドライブにGuest AdditionsのCDがマウントされているので、
    Nautilusを起動し、「autorun.sh」をダブルクリックします。


    以下の画面が表示されるので、「実行する」ボタンをクリックします。


  4.インストール開始

    端末が起動しインストールが開始されます。

    「fail」や「error」といった文字が表示されず、
    「Press return to close this window」と表示されればインストール完了です。

    「エンター」キーを押して端末を閉じます。
   
    後は仮想マシンを再起動して完了です。


関連記事一覧
オプション