kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

グループの管理

  1つのグループには複数のユーザーが所属できます。
  またユーザーは、複数のグループに所属することができます。

  この「グループ」という単位でアクセス権(パーミッション)を設定し、
  適切なユーザー群にのみアクセスを許可する方法はよく利用されます。

  グループの管理は「グループ設定」の画面で行います。

  グループ設定画面を表示する

    「ユーザーの設定」画面の「グループの管理」ボタンをクリックします。


    以下のように「グループ設定」画面が表示されます。


    左側のリストに現在登録されているグループの一覧が表示されます。

グループを追加する

  新規にグループを作成します。
  「追加」ボタンをクリックします。


  「新しいグループ」画面が表示されるので、新規グループの設定を行います。


  グループ名

    グループの名称です。
    グループ名で使用できる文字は、小文字と数値です。

  グループID

    グループのIDです。
    既存のグループとかぶらない数値を指定します。

    通常は自動でIDを割り振ってくれるのでそのままでOKですが、
    IDは使い回されるので以前削除したグループと同じIDを割り振る際は注意が必要です。(後述)

  グループのメンバ

    このグループに属するユーザーにチェックを入れます。
    後から変更可能です。


  設定を行ったら、「OK」ボタンをクリックします。
  以下のようにグループが追加されています。


  Nautilusでも新しく作成したグループが指定可能になっています。

 

  Nautilusで新しく作成したグループが表示されないときは、
  ログインしているユーザーがそのグループに属していません。

  自分が属しているグループのみ設定可能です。

グループの設定を変更する

  グループに属するユーザーやグループのIDを変更できます。
  設定を変更したいグループを選択し、「プロパティ」ボタンをクリックします。


  以下のようにグループの設定を変更することができます。


グループを削除する

  既存のグループを作成します。

  見慣れないグループがたくさんありますが、
  システムやそれに準ずるソフトがグループを作成しています。

  従って、自分が知らない・使っていないグループだからといって削除してしまうと、
  不都合が起きるので注意しましょう。

  削除したいグループを選択し、「削除」ボタンをクリックします。


  本当に削除しても良いか確認画面が表示されるので、
  間違っていなければ「削除」ボタンをクリックします。

 

  削除したグループがファイルのアクセス権に設定されていた場合

    グループの追加で「mygroup」グループを追加し、
    ファイルのアクセス権「グループ」に「mygroup」を設定しました。

    この状態で「mygroup」グループを削除しても、ファイルのグループは変更されません。

    グループIDは使い回されるため、
    その後新しいグループを作成すると削除したグループと同じIDが割り振られることがあります。

    そのIDでグループを作成すると、
    ファイルには新しく作成したグループの権限が適用されることになります。

    自分で作成するグループのIDは自分で管理しておきましょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション