kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

フォルダーの共有

  Nautilusでは、フォルダーの共有を簡単に行えるようになっています。

  フォルダーの共有はSambaを利用しており、Windowsからもアクセスすることができます。
  フォルダーの共有設定は、各ユーザーごとに保存されます。

  SambaはWindowsネットワーク共有サービスです。
  Windowsで実装されている共有サービスのオープンソース版です。

共有方法

  1.共有のオプションを表示する

    共有したいフォルダーを選択して右クリックし、
    表示されたメニューから「共有のオプション」を選択します。


  2.共有をオンにする

    以下の画面が表示されるので、「このフォルダーを共有する」をオンにして、
    各種設定を行います。


    Sambaがインストールされていない場合、Sambaのインストールが促されます。
    その場合後述の「Sambaのインストール」を参照してください。

    共有名

      ネットワーク上に効果視した時に表示されるフォルダー名です。
      そのままにしておくか、分かりやすい名称を入力するとよいでしょう。

    コメント

      共有フォルダーの説明や概要を入力します。
      未入力でも良いですが、なにか入力したほうが分かりやすいですね。
    

    このフォルダー内でファイルの作成・削除を他のユーザーに許可する

      デフォルトでは、共有フォルダーは読み込み専用です。
      このチェックをオンにすると、共有フォルダー内のファイルを読み書きできるようになります。

    ゲストによるアクセス(ユーザーアカウントを持たない人向け)

      デフォルトでは、共有フォルダーのアクセスにユーザー名とパスワードの入力が必要です。

      このチェックをオンにすると、
      ユーザー名とパスワードなしでも共有フォルダーにアクセスできるようになります。

  3.「共有を作成」ボタンをクリックする

    「このフォルダー内でファイルの作成・削除を他のユーザーに許可する」チェックを
    オンにしている場合、以下のメッセージが表示されます。


   「自動的にアクセス権を付加する」ボタンをクリックします。

  以上で作業は完了です。
  他のPCからアクセスできるか試してみるとよいでしょう。

  ドメインはWORKGROUPに属しています。

Sambaのインストール

  上記手順「2.」のタイミングでSambaがインストールされていない場合、
  共有サービスのインストールが促されます。


  1.共有サービスのインストール



    「サービスのインストール」ボタンをクリックする

  2.sambaのインストール



    samba本体のインストールです。
   「インストール」ボタンをクリックします。

  3.smbpassのインストール



    UbuntuのユーザーアカウントとSambaのユーザーアカウントを結びつけるモジュールです。
   「インストール」ボタンをクリックします。

  4.セッションの再起動


  「セッションの再起動」ボタンをクリックします。
  セッションの再起動がうまく行かない場合は、PCを再起動すればOKです。

  以上で完了です。
関連記事一覧
オプション