kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Déjà Dup

  Déjà Dupはホームフォルダーをバックアップするソフトです。
  標準でインストールされ、「システム設定」に統合されています。

  またDéjà Dupの機能の一部はNautilusにも統合され、連携ができるようになっています。

  Déjà Dupのアプリ名は「バックアップ」と表記されています。

バックアップ 

  「システム設定」から「バックアップ」をクリックすると、
  バックアップの設定やバックアップ、復元を行うことができます。
 

バックアップ操作の選択

  以下の画面が表示されますが、初回はまだバックアップをとっていませんし、
  まずバックアップ設定内容の確認を行いましょう。


  「バックアップ設定を表示するのみ」ボタンをクリックします。
  「表示するのみ」と表記されていますが、実際はバックアップや復元操作が可能です。

概要設定

  ここでは自動バックアップの設定や、バックアップ内容の確認、及びバックアップ操作が可能です。


  自動バックアップ

    チェックをオンにすると、指定されたスケジュールで自動的にバックアップを行います。

  バックアップの保存場所

    バックアップデータの保存先です。
    上記の画像ではUbuntu Oneが指定されています。

    バックアップデータの保存先は、ローカルHDDでもネットワーク上のボリュームでも可能です。

  バックアップするフォルダー

    バックアップ対象となるフォルダーです。
    そのフォルダーのサブフォルダーも再帰的に対象になります。

  無視するフォルダー

    バックアップの対象外とするフォルダーです。
    そのフォルダーのサブフォルダーも再帰的に対象外になります。

  一番最近のバックアップ

    最後にバックアップした日時が表示されます。

  次の自動バックアップ

    「自動バックアップ」をオンにした場合、次に自動バックアップされる日時が表示されます。
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション