kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

アップデート


  ここでアップデートの方法の設定を行います。

アップデートのインストール

  各ソフトウェアのアップデートには種類があり、
  それぞれの種類に応じてアップデートの可否を設定します。

  重要なセキュリティーアップデート

    重要なセキュリティー関係のアップデートです。
    セキュリティ関係のアップデートは緊急度が高いです。

  推奨アップデート

    推奨されるアップデートです。
    不具合の修正や機能の改善・追加などです。

  プレリリースされたアップデート

    いわゆるテスト版やベータ版と言われるものです。
    通常はチェックボックスをオフにします。

  サポートされていないアップデート

    バックポートです。
    バックポートとは新しいバージョンでサポートされている機能や改善などの一部を、
    以前のバージョンに適用することです。

    ソフトウェアを丸々バージョンアップしてしまうと、
    影響範囲が大きく都合が悪い場合に利用される方法です。

 
  いずれも特に理由がなければ、デフォルト設定のままで良いです。

アップデートの自動確認

  Windows Updateにもありますが、確認の有無やいつ確認するか設定を行います。


  「毎日」がお勧めです。

  Windows Updateとは異なり、
  原則インストールされているソフトウェア全体がアップデートの確認対象になります。

  ほぼ毎日のように何かしらアップデートがあります。

セキュリティアップデートがあるとき

  セキュリティアップデートがある時にとるアクションを設定します。


   基本的にダウンロードとインストールを自動的に行ったほうが良いでしょう。
   セキュリティアップデートを放ったらかしにしておくと、ロクなことがありません。

その他のアップデートがあるとき

  上記以外のアップデートがあった時にとるアクションを設定します。


  「すぐに表示」がお勧めです。

Ubuntuの新バージョンの通知

  Ubuntuの新しいバージョンがリリースされた際に通知するか否か設定を行います。


  「すべての新バージョン」を選択すると、12.10も通知されるようになります。
  半年ごとにUbuntuのバージョンアップしていきたい人は、
  これを選択しましょう。

  「長期サポート(LTS)版」を選択すると、LTS版のみ通知対象になります。
  なので、次期バージョンの12.10がリリースされても通知は行われません。
  LTS版のみでUbuntuを使いたい人はこれを選びましょう。

  ここの設定は通知のみの設定ですので、
  何れにせよ新バーションへのアップグレードは自分で決めることができます。

  勝手にアップグレードされることはありません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション