kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

IBusのインジケーターが表示されない

  Unityは表示するインジケーターをフィルタリングしており、
  ホワイトリストにないインジケータを表示しないようにしています。


  これはIBusに限った話ではありません。

  Unityはこのフィルタリング情報を
  DConf(Windowsで言うところのレジストリ)で管理しています。

  このDConfの情報を書き換えます。

  情報を書き換える方法はいくつかありますが、
  GUIのアプリを使って情報を書き換えてみます。

  1.「dconf エディター」のインストール

    Ubuntuソフトウェアセンターから「dconf エディター」をインストールします。 


  2.値を変更するキーへ移動

    dconfエディターを起動し右の階層リストから、
      desktop > unity > panel
    へ移動します。


  3.値の変更

    左側のリストの「Name」の列に「systray-whitelist」があります。
    この行の「Value」を['JavaEmbeddedFrame', 'Wine', 'Update-notifier', 'ibus']に変更します。


  4.値の反映

    再ログインするか、PCを再起動します。

  5.インジケーター表示の確認

    以下のようにキーボードアイコンのインジケーターが表示されます。


  6.インプットメソッドの確認

    テキストエディタを起動し日本語入力をオンにすると、
    キーボードアイコンのアイコンが
    現在のインプットメソッドのアイコンに変わります。


    このアイコンはMozcです。

  7.インジケーターメニューの表示

    Mozcのアイコンをクリックすると、インプットメソッドの切り替えなど
    メニューが表示されるようになります。


インジケーターメニュー

  設定

      IBusの設定を行います。

  情報

      IBusのバージョン情報を表示します。

  再起動

      IBusを再起動します。

  終了

      IBusを終了します。


  そもそもibusは、systray-whitelistに最初から書かれていてもいいような気がする。

systray-whitelistをデフォルトに戻す

  上記方法の「3.」の手順で、右下にある「Set to Default」ボタンをクリックします。

インジケーターのフィルタリングを無効にする

  上記方法の「3.」の手順で、「Value」を'all'で置き換えるか追加します。
  全てのインジケーターが表示されるようになります。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション